死の行進 (簡約記事)

1944年夏の東ベラルーシにおける大規模な攻撃により、ソ連軍は初めてナチスの主要強制収容所、ルブリン/マイダネクを占拠しました。ソ連軍の侵攻が速かったため、親衛隊は収容所を撤去する時間がありませんでした。ソ連と西欧のメディアは、解放の映像や生き残った囚人のインタビューを使って、マイダネクでの残虐行為を広く報道しました。その後まもなく、親衛隊長官ハインリヒ・ヒムラーは、すべての強制収容所の囚人を西側へ避難させるように命令しました。親衛隊当局は生き残った囚人がここでの出来事を連合国軍に話すことを恐れたと同時に、兵器の生産に囚人が必要であるとも考えました。

1944年の夏から初秋の数か月間、避難のほとんどは列車で実行されました。しかし、冬が近づき、連合軍が進攻してくるにつれ、親衛隊当局は収容所の囚人を徒歩で避難させるようになりました。1945年1月には、第3帝国は軍事的敗北の危機に瀕していました。避難は強制的な行進と屋根のない貨物列車に頼るようになり、極度の疲労と悪天候に曝されて沿道で死亡する人が激増しました。これで、ドイツ軍が行進中に意図的に全員を死なせようとしていることが囚人たちの間ではっきりと認識されるようになりました。「死の行進」という言葉は、おそらく強制収容所の囚人によって作られたものです。

このような死の行進中、親衛隊の護衛兵は囚人を残酷なまでに虐待しました。彼らは明確な命令に従って、倒れたり、行進についていけなかったり、列車や船から下りられなくなった囚人を何百人も射殺したのです。悪天候、飢餓、極度の疲労などで何千人もの囚人が亡くなりました。強制的な行進は、親衛隊がドイツ国内の奥にある収容所に囚人を避難させた1944年末から1945年にかけて、特に多く見られました。主な避難作戦として、1944~1945年の冬に囚人をアウシュビッツ、シュトゥットホーフ、グロス・ローゼンから西側のブーヘンヴァルト、フロッセンビュルク、ダッハウ、ザクセンハウゼンに、1945年の春にブーヘンヴァルトとフロッセンビュルクからダッハウとマウトハウゼンに、戦争の最後の週にザクセンハウゼンとノイエンガンメから北のバルト海に移しました。

連合軍はドイツの中心部に進み、強制収容所の何十万という囚人を解放しました。これには、強制避難で行進中に連合軍とソ連軍が開放した数千人の囚人も含まれていました。ドイツ軍は1945年5月7日に西側で、5月9日に東側で無条件降伏しました。ほとんど終戦の日まで、ドイツ当局は第三帝国のさまざまな場所に囚人を行進させていました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.