<p>わずかな手荷物だけを持ってコブノゲットーからおそらくエストニアに移送されるユダヤ人。 1943年10月、リトアニア、コブノ。</p>
<p>この写真はジョージ・カディッシュが撮影しました。</p>

ゲットー

「ゲットー」という言葉は、1516年に設けられたベネチアのユダヤ人居住区の名前が起源となっています。ベネチア当局は、市内のユダヤ人をこの居住区に強制移住させました。 16世紀から17世紀にかけて、地元の市当局からオーストリア皇帝カール5世まで、さまざまな権威者がフランクフルト、ローマ、プラハ、その他の都市にユダヤ人用ゲットーの建設を命令しました。

第二次世界大戦中、ゲットーは多くの場合、壁で取り囲まれた地域であり、ドイツ軍によって市内や周辺地域のユダヤ人の住民が押し込められて、悲惨な環境での生活を強いられていました。 ゲットーはユダヤ人コミュニティをユダヤ人以外の住民から隔離し、他のユダヤ人コミュニティからも分離して、ユダヤ人を孤立させるものでした。 ドイツ軍占領下および併合下にあったポーランドとソ連だけでも、少なくとも1,000か所のゲットーが設けられました。 ドイツ当局は1939年10月、ポーランドのピョートルクフ・トルィブナルスキに最初のゲットーを設けました。

ゲットーの建設は、ベルリンのナチス首脳部がユダヤ人の排除という目的を実現するための方法を検討している間に、ユダヤ人を管理および隔離するための暫定的な方法と見なされていました。 多くの場所で、ゲットー化が続いたのは比較的短期間でした。 わずか数日しか存続しなかったゲットーも、数か月から数年にわたって存続したゲットーもありました。 1941年後半に始まった「最終的解決」(ヨーロッパ在住の全ユダヤ人の殺害計画)の実施により、ドイツ軍は組織的にゲットーを解体していきました。 ドイツ軍とその補助部隊は、ゲットーの住民を近くの集団墓地で射殺するか、主に列車で絶滅収容所に移送し、そこで彼らを殺害しました。 ドイツの親衛隊と警察はゲットーから少数のユダヤ人を強制労働収容所や強制収容所に移送しました。

ゲットーには、 封鎖型ゲットー、開放型ゲットー、破壊型ゲットーという3つのタイプがありました。

ポーランド最大のゲットーはワルシャワゲットーで、ここには40万人以上のユダヤ人が面積約3.4 km²の地域に押し込められていました。 これ以外にも、ウッチ、クラクフ、ビャウィストク、リヴィウ、ルブリン、ビリニュス、コブノ、チェンストホヴァ、ミンスクなどの都市に大規模なゲットーがありました。 数万人の西ヨーロッパ在住のユダヤ人も東側のゲットーに移送されました。

ドイツ軍は、ゲットーに住むユダヤ人に対して識別バッジまたは腕章を常に身に付けることを命じ、さらに多くのユダヤ人にドイツ帝国のための強制労働をさせました。 ゲットーでの日々の生活は、ナチスが任命したユダヤ人評議会によって管理されました。 ゲットーの警察が、ドイツ当局の命令とユダヤ人評議会の条例を執行し、これには絶滅収容所への移送も含まれていました。 ユダヤ人の警察官は、ユダヤ人評議会のメンバーと同様、ドイツ当局の気まぐれに振り回されていました。 ユダヤ人警察官が命令を実行していないとわかると、ドイツ当局はためらいなく警察官を殺しました。

ユダヤ人はゲットーでの制限にさまざまな抵抗で応じました。 ゲットーの住民は、ユダヤ人評議会に知られることなく、または承認を得ることなく、外部から食料、薬品、武器、情報などをひそかに持ち込む、いわゆる不法行為を頻繁に行っていました。 ユダヤ人評議会によっては、またはその個々のメンバーによっては、ゲットーの住民を生き延びさせるために必要だったので、こうした物資の不法持込を許容したり奨励したりすることもありました。 ドイツ軍は一般的に、宗教礼拝の信条についてはほとんど関心を示しませんでしたが、文化行事への参加やゲットー内での青年活動への参加などは「安全保障上の脅威」と見なし、いかなる社交的な集会であってもそれに参加した場合は、首謀者や加担者として情け容赦なく投獄したり殺害したりしました。 通常、ゲットーでの一貫した学校教育は一切禁止されていました。

一部のゲットーでは、ユダヤ人レジスタンス運動のメンバーが武装蜂起を展開しました。 この中で最大のものは、1943年の春に起きたワルシャワゲットー蜂起でした。ビリニュス、ビャウィストク、チェンストホヴァ、その他の小さなゲットーでも暴動がありました。 1944年8月、ドイツ親衛隊と警察はウッチにあった最後の主なゲットーを解体しました。

ハンガリーでは、ドイツ軍が同国を占領した後も、1944年の春までゲットー化は開始されませんでした。 しかしわずか3か月後、ハンガリーの国家憲兵隊はドイツ国家保安本部の移送専門家と協力して、ブタペストを除くハンガリー全土から440,000人に及ぶユダヤ人を短期間の「破壊型ゲットー」に集め、ハンガリー国境のドイツ軍拘留施設に移送しました。 ドイツ軍はハンガリーから集めたユダヤ人の大部分をアウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所に送り込みました。 ブダペストでは、ハンガリー当局は特別な印を付けた家にユダヤ人を監禁しました(いわゆるダビデの星の家)。 ファシスト団体のアロークロスのリーダーたちが1944年10月15日にドイツ支援のクーデターで政権を握った数週間後、アロークロス政府は正式にゲットーをブダペストに建設し、63,000人のユダヤ人を0.25平方キロメートルの地域に押し込めました。 中立国の保護下にあることを示す証明書を持っている約25,000人のユダヤ人は、市内の別の場所にある「国際ゲットー」に収容されました。 1945年1月、ソ連軍は2つのゲットーがあったブダペストの一部を解放し、90,000人近いユダヤ人住民が自由の身になりました。

ホロコーストにおけるゲットーは、ユダヤ人に対する支配、人間性の抹殺、大量殺戮を目的としたナチスのプロセスの中心的段階でした。

資料

Corni, Gustavo. Hitler's Ghettos: Voices from a Beleaguered Society 1939-1944. London: Arnold, 2002.

Kermish, Joseph, editor. To Live With Honor and Die with Honor!: Selected Documents from the Warsaw Ghetto Underground Archives "O.S." ("Oneg Shabbath"). Jerusalem: Yad Vashem, 1986.

Sterling, Eric J., editor. Life in the Ghettos during the Holocaust. Syracuse, NY: Syracuse University Press, 2005.

Trunk, Isaiah. Judenrat: The Jewish Councils in Eastern Europe under Nazi Occupation. New York: Stein and Day, 1977.

Trunk, Isaiah. Lodz Ghetto: A History. Bloomington: Indiana University Press, 2006.

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.