多様な犠牲者 (簡約記事)

ナチスとその協力者の主な標的はユダヤ人でしたが、その他のグループも人種的または思想的な理由から迫害されました。ドイツでのナチスによる差別の最初期の犠牲者には、政治的な敵対者、つまり共産主義者、社会主義者、社会民主主義者、労働組合のリーダーなどが含まれていました。ナチスはさらに、作品が社会秩序を乱すと見なした作家や芸術家、またユダヤ人の作家や芸術家も迫害し、彼らを逮捕したり、経済的制約を課したり、その他の方法で差別しました。ナチスはロマ族(ジプシー)も人種的な理由で標的にしました。ロマ族は、ポーランドのヘウムノ絶滅収容所のガストラックで殺害された最初のグループに含まれていました。ナチスはまた、2万人以上のロマ族をアウシュビッツ・ビルケナウ収容所に移送し、彼らのほとんどをガス室で殺害しました。ナチスはポーランド人やその他のスラブ人を、劣った人種と見なしていました。思想的に危険であると見なされたポーランド人(知識人やカトリック司祭を含む)が処刑の対象となりました。1939年から1945年までの間に、少なくとも150万人のポーランド市民が強制労働者としてドイツ領に移送されました。数十万人はナチスの強制収容所に投獄されました。ドイツ軍は第二次世界大戦中、少なくとも190万人のユダヤ人以外のポーランド市民を殺害したと推定されています。

1941年秋から1942年冬にかけて、占領下のソ連ではドイツ当局が人種差別政策のもとにソ連人の戦争捕虜の大量殺戮を行いました。ユダヤ人、「アジア的な顔つき」の人々、政治的、軍事的リーダーが選び出されて射殺されました。ほかにも約300万人が、死なせることを意図して十分な保護、食料、医療品の提供されない仮設収容所に拘束されました。ドイツでは、ナチズムに反対したキリスト教会のリーダーや、アドルフ・ヒトラーへの敬礼を拒否したり、ドイツ軍への入隊を拒否したりしたエホバの証人が数千人も投獄されました。ナチスは「安楽死プログラム」の名のもとに、推定20万人の精神障害者および身体障害者を殺害しました。さらに、その行動がドイツ国家の維持を妨げると見なした男性同性愛者を迫害しました。