Arrival of political prisoners at the Oranienburg concentration camp. [LCID: 19345]

多様な犠牲者: 徹底分析

ユダヤ人は、ナチスドイツおよびドイツ統制下のヨーロッパで人種的な迫害の標的となった4つのグループの1つでした。 ナチス政権は、他のグループに属する人々も迫害し、殺害しました。

ナチスドイツでの差別と迫害の最初期の犠牲者には、政治的な敵対者、つまり共産主義者、社会主義者、社会民主主義者、労働組合のリーダーなどが含まれていました。 ナチスはさらに、作品が社会秩序を乱すと見なされた作家や芸術家、またユダヤ人の作家や芸術家も迫害しました。 1933年から1934年にかけて、ドイツ中央政府およびさまざまな地方政府、またナチスの突撃隊(シュタームアップタイルンク、SA)と親衛隊(シュッツシュタッフェル、SS)の地方大隊は、政治犯を拘留するためにドイツ中に強制収容所を設立しました。 1934年に強制収容所を中央管理化し、その統制権を握った親衛隊は、1933年3月に初の強制収容所、ダッハウを設置しました。

人種的な迫害の対象となったグループ

ナチスの思想はドイツの主要な敵としてユダヤ人を標的にしていましたが、ナチスはロマ族(ジプシー)も人種的な理由で迫害しました。 1935年のニュルンベルク法(ユダヤ人を血筋により定義したドイツの法律)は、その後ロマ族にも適用されました。 ドイツ社会における従来の偏見をもとに、ナチスはロマ族を人種的に「仕事嫌い」で「反社会的」な傾向があり、生まれつき軽犯罪を犯しがちな人種と呼びました。 1942年の始めにドイツ占領下のポーランドにあったヘウムノ絶滅収容所のガストラックで殺害された最初の被害者の中には、ドイツ大帝国からウッチのゲットーに移送されたロマ族がいました。 親衛隊と警察当局は、2万人を超えるロマ族をアウシュビッツ・ビルケナウ収容所に移送し、収容所当局によってそのほとんどすべての人がガス室で殺害されました。

ソ連のドイツ占領下の地区では、ドイツ軍および親衛隊員と警察官が、ソ連当局のためのスパイ活動を行ったというでっち上げの理由で、何万人もの地元ロマ族を射殺しました。 ナチスドイツの枢軸同盟国であった2つの国もまた、ロマ族の大量殺戮に加担しました。 いわゆるクロアチア独立国の当局は、約2万5,000人のロマ族を殺害しました。その多くはヤセノヴァツ強制収容所に拘留されていました。 ルーマニアでは、イオン・アントネスク将軍がルーマニア領土およびトランスニストリア地方の両方で、1万3,000人から3万6,000人のロマ族を殺害しました。

ナチスは、ポーランド人とスラブ人、そしていわゆるソ連のアジア人種は、人種的に劣っているとし、服従と強制労働の対象としました。 ナチスは、ポーランドとソ連の政治的、知的、および文化的エリート層を肉体的に絶滅させるという政策を実施しました。 ドイツ占領当局は、Ausserordentliche Befriedungsaktion(AB、特別平定行動)と呼ばれる作戦で、何万人ものポーランド人エリート層(知識人やカトリック聖職者を含む)を殺害しました。 1941年6月6日にドイツ軍に出されたコミッサール命令は、捕虜となっていた赤軍の行政官の射殺を命じるものでした。 ドイツ親衛隊と警察部隊は、ソ連政府やソ連共産党の高官および中堅官僚を殺害する指示を受けていました。

1941〜1942年の秋と冬には、ドイツ軍当局とドイツ治安警察がソ連の戦争捕虜を大量殺戮するいう人種差別政策を共同で行いました。 ユダヤ人、「アジア的な顔つき」の人々、政治的、軍事的リーダーが選び出されて射殺されました。 ほかにも約300万人が、死なせることを意図して十分な保護、食料、医療品が提供されない仮設収容所に拘束されました。 1941年から1942年の冬に、この犯罪的放置の結果、約200万人のソ連兵士が死亡しました。ドイツが強制労働のために残りのソ連兵士を生かしておくことを決定した後も、ソ連兵士は概して他の戦争捕虜グループよりも過酷な条件下で、しばしば強制収容所などに投獄されました。

医学、医療、および社会福祉専門家コミュニティの協力者による支持を受け、ナチスは療養施設に入居している先天的な心身障害者を、いわゆる優れたドイツ人種の遺伝子プールにとって脅威と位置づけました。 ナチスの指導者たちは、療養施設に入居していて、労働できないと思われた心身障害者を肉体的に絶滅させる機会として戦争を利用することを決定しました。

1930年代に可決された法案では、ドイツ全国の療養施設において「役に立たないのに食事が必要な人間」と見なされる人を特定することが義務付けられました。 この法律の制定後、ヒトラーの総統官邸職員は、ドイツの保健省やドイツ刑事警察当局の協力により、3つの虐殺作戦の計画と手順を設定しました。 これらの作戦は、「安楽死」という一般的で包括的な用語に分類されました。 これらの3つの作戦すべてが戦争中に実施されました。

1) 5,000人余りの療養施設に入居していた幼児がドイツとオーストリア中の施設で殺害されました。

2) 「T4作戦」(ベルリンにあった総統官邸本部の所在地住所Tiergartenstrasse 4(ティーアガルテン通り4番地)から付けらた名称)では、7万人余りの療養施設に入居していた成人が6つの絶滅収容所で、また働くことができなくなった何千人もの囚人が強制収容所で殺害されました。

3) 約11万人の療養施設に入居していたその他の成人心身障害者が、ドイツ帝国中の施設で殺害されました。 T4作戦犠牲者の圧倒的多数がガス室で、その他の犠牲者は餓死、意図的な未治療の病気、毒殺、および薬物注射により虐殺されました。

迫害の対象となったその他のグループ

人種的な迫害の標的となった犠牲者のほかに、ドイツ人はドイツ国内のナチス政権に反対する実在および認識されている政敵を迫害し、強制収容所に投獄し、そして殺害しました。 これには、カトリックおよびルター派聖職者のほか、ドイツ占領下のヨーロッパでレジスタンス運動の活動に実際に関与した個人、また関与したと思われた個人が含まれました。 いわゆる反パルチザン作戦の一部は、特に占領下のソ連では、ソ連の地方の人口を実質的に減らすために行われました。 ドイツ人は、地方の村々に住む何十万人、何十万人ものソ連市民をその場で殺害しました。 これらの犠牲者の大部分は、パルチザンレジスタンスとはほとんど、またはまったく関係がありませんでした。

ナチス政権はまた、ナチス政権に対する忠誠や従軍を拒否したエホバの証人も迫害しました。 約3,000人のエホバの証人が強制収容所に投獄されました。 その3分の1近くがそこで亡くなりました。 また別の250人は、軍事裁判により有罪判決を受けた後に射殺されました。 ナチス政権はまた、性行動がドイツ国家保存の障害となり、またドイツ社会の腐敗と不道徳の要素となると考えられた男性同性愛者も迫害しました。 何万人もの同性愛者が、同性愛行為または行動の容疑で告発されました。 その中でも有罪とされなかった人や、刑に服した後にゲシュタポ(ドイツ秘密国家警察)に連行された人は、強制収容所に投獄されました。 何百人、何千人という人々が収容所で亡くなりました。

そして最後に、何万人といういわゆる反社会的常習犯、実際の常習犯、または常習犯と思われる人が、次の犯罪や違反を犯していないにもかかわらず、ドイツ刑事警察当局に逮捕され、強制収容所に投獄されました。 何千人という、これらのいわゆる反社会的および「犯罪を犯した」囚人が収容所で殺害されました。