難民 (簡約記事)

1933年から1945年にかけて、34万人以上のユダヤ人がドイツおよびオーストリアから移住しました。悲劇的なことに、そのうちの10万人近くは、その後ドイツによって征服された国に避難したのです。彼らのほとんどがドイツ当局によって移送され、殺害されることになりました。ドイツが1938年3月にオーストリアを併合すると、西ヨーロッパおよび南北アメリカの諸国は難民の流入を恐れるようになりました。1938年3月から1939年9月までに、約8万5,000人のユダヤ人難民が米国に到着しましたが、この程度の移民数は、避難場所を探していた人々の数をはるかに下回るものでした。1938年後半には、既存の移民割り当て人数に基づく2万7,000件のビザを取得しようと、12万5,000人の申請者が米国領事館の外に並びました。1939年6月までに申請者数は30万人を上回りましたが、ほとんどのビザ申請者はビザを取得できず、ヨーロッパから抜け出すことができませんでした。1938年7月に開催された難民に関するエビアン会議では、ドミニカ共和国のみが大量の難民の受け入れ態勢が整っていることを表明しました。ボリビアは1938年から1941年までに2万人以上のユダヤ人移民を受け入れることになりましたが、その他すべての国は難民をさらに受け入れることを拒否しました。

6万人以上のドイツ在住ユダヤ人は、1930年代にパレスチナに移住しました。そのほとんどは、ドイツとパレスチナのユダヤ人機関との間で取り交わされた合意の条件に従ったものです。1939年5月のマクドナルド白書により、英国議会はパレスチナへのユダヤ人の移住を厳しく制限する条例を含む政策綱領を承認しました。歓迎の姿勢を示す受け入れ先が少なくなる中で、1万7,000人のドイツ、オーストリア、ポーランド在住のユダヤ人は、入国ビザが不要な上海に移住しました。1941年後半、ナチスによる大量殺戮の未確認報告が西側に広まっていたにもかかわらず、米国国務省は移民に対してさらに厳しい制限を定めました。1943年4月に開催された難民に関するバミューダ会議において、連合国は救援のための具体的な提案をしませんでした。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.