障害者の殺害

障害者の殺害 「戦争は不治の病人を抹殺する絶好の機会である」とアドルフ・ヒトラーは、提言しました。多くのドイツ人は「支配者民族」の概念に及ばない人々のことを思い起こしたくなかったのです。身体障害者や精神障害者は社会には「無用」であり、アーリア人の遺伝的な純粋性を脅かすため、生きる価値なしと見なされました。第二次世界大戦が始まると、知的障害、身体障害、精神障害のある人は、ナチスが「T-4」または「安楽死」プログラムと呼んでいた殺害の標的とされました。

「安楽死」プログラムは多くのドイツ人医師の協力を必要としました。どの身体障害者や精神障害者を殺害するかを決めるために、彼らは施設で患者のカルテを調べました。医師たちは実際の殺害も監督しました。宣告を受けた患者たちはドイツとオーストリアの6か所の施設に移送され、特別に設置されたガス室で殺害されました。障害のある幼児や児童も、致死量の薬物注射か飢餓によって殺害されました。犠牲者の遺体は「焼却炉」と呼ばれる巨大なオーブンで焼かれました。

1941年の市民の抗議デモにもかかわらず、ナチスの指導者は終戦までこのプログラムを密かに続行し、1940年から1945年にかけて、約20万人の心身障害者が殺害されました。

T-4プログラムは、1941年と1942年にナチスが開設したガス室完備の収容所におけるユダヤ人やロマ族(ジプシー)その他の大量殺戮のモデルとなったのです。また、この計画は、こうした収容所を管理した親衛隊の訓練場の役割も果たしていました。

重要な日付

1939年10月
ヒトラーが障害者の殺害を許可

アドルフ・ヒトラーは「安楽死」プログラム(ナチスによって「生きる価値なし」と判断されたドイツ人の組織的殺害)の開始を承認します。この命令は、戦争が始まった1939年9月1日に遡ります。当初は、病院の医師や職員は患者を放置するよう促されました。すると、患者は飢餓や疫病で亡くなります。その後は、「コンサルタント」たちが病院を訪れ、誰が死ぬかを決めます。それらの患者は大ドイツのさまざまな「安楽死」絶滅収容所に送られ、薬物注射かガス室で殺害されます。

1941年8月3日
カトリック司教が安楽死を非難

1941年には、秘密であったはずの「安楽死」プログラムがドイツで民衆に知られるようになります。1941年8月3日、ムエンスターのクレメンス・アウグスト・グラフ・フォン・ガレン司教が説教で殺害を非難し、その他の著名人や聖職者も殺害に異議を唱えます。

1941年8月24日
ヒトラーが「安楽死」殺害の中止を正式命令

「安楽死」殺害に対する民衆の批判が高まり、アドルフ・ヒトラーはこのプログラムの中止命令を出さざるを得なくなります。さまざまな「安楽死」絶滅収容所にあるガス室が解体されます。この時までに、ドイツ人とオーストリア人の約7万人の身体障害者と精神障害者が殺害されています。「安楽死」プログラムは表向きには中止されましたが、心身障害者の殺害は個別の状況下で密かに継続されます。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.