<p>水晶の夜(「壊れたガラスの夜」)中に破壊され、荒廃したユダヤ人所有商店の店頭。1938年11月10日、ドイツ、ベルリン。</p>

「壊れたガラスの夜」

「壊れたガラスの夜」 1938年11月9日の夜に、ユダヤ人に対する暴力が第三帝国全体で勃発しました。これは、計画されていたものではなく、ユダヤ人の十代の若者の手によるパリでのドイツ人高官暗殺に対するドイツ人の怒りに触発されたものと思われました。しかし、実際には、ドイツの宣伝省大臣ヨーゼフ・ゲッペルスと他のナチ党員が巧妙にこのポグロムを計画したのです。2日間で、250を超えるシナゴークが焼かれ、7,000軒を超えるユダヤ人の商店が破壊および略奪され、何十人ものユダヤ人が殺害されました。ユダヤ人の墓地、病院、学校、および家は、警察官や消防隊がすぐそばにいるにもかかわらず略奪されました。このポグロムは、店の窓ガラスが砕け散って通りに散乱した様子から、やがて「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)と呼ばれるようになりました。

このポグロムの翌朝、3万人のドイツ系ユダヤ人男性がユダヤ人であるという「罪」で逮捕され、強制収容所に送られ、そのうちの数百人が死亡しました。一部のユダヤ人女性も逮捕され、地元の留置所に送られました。ユダヤ人が所有する店舗は、ユダヤ人以外の人が経営しない限り再開することはできなくなりました。ユダヤ人に対しては外出禁止命令が出され、1日のうち外出できる時間が制限されるようになりました。

「壊れたガラスの夜」の後、ドイツ系およびオーストラリア系のユダヤ人の子供や十代の若者は、ますます生活しづらくなりました。博物館、公共の運動場、およびスイミングプールへの入場は既に禁止されていましたが、さらに公立学校から除籍されました。ユダヤ人の若者は、その親たち同様、ドイツでは完全に隔離されていました。多くのユダヤ人の大人が絶望し、自殺に追い込まれました。ほとんどの家族が自暴自棄になってこの地を離れようとしました。

重要な日付

1938年10月28日
ドイツ軍によるポーランド系ユダヤ人の追放

約1万7,000人のポーランド系ユダヤ人が、ドイツ軍によって追放され、強制的にポーランドに移送されます。ポーランドは、ユダヤ人の入国を拒否します。移送者の多くは、ドイツとポーランド間にある町ズボンシン近郊の中間地帯に取り残されます。この移送者の中に、フランスのパリに在住している17歳のポーランド系ユダヤ人であるヘルシェル・グリュンシュパンの両親がいます。

1938年11月7日
パリでドイツ人外交官が射殺される

パリに在住している17歳のポーランド系ユダヤ人であるヘルシェル・グリュンシュパンは、パリのドイツ大使館付外交官エルンスト・フォム・ラートを射殺します。グリュンシュパンは、ドイツとポーランドの国境付近の中間地帯に他のポーランド系ユダヤ人の移送者と共に追いやられた自分の両親の運命を悲観して行動を起こしたと思われます。ナチスは、この暗殺を利用し、グリュンシュパン単独による犯行ではなく、ドイツに対するユダヤ人の陰謀の一部であると主張して、反ユダヤ主義的な風潮をあおります。フォム・ラートは2日後に死亡します。

1938年11月9日
ヨーゼフ・ゲッべルスが過激な行動を要求

ドイツの宣伝省大臣ヨーゼフ・ゲッべルスは、ミュンヘンでナチ党の忠誠者に対して熱のこもった演説を行います。ナチ党の党員は、1923年のミュンヘン一揆の記念式典(アドルフ・ヒトラーが初めて権力を掌握しようとした機会)に集まっていました。スピーチ後、ナチス士官は突撃隊員(SA)と他の党組織にユダヤ人を攻撃し、彼らの住宅、店舗、および礼拝所を破壊するように命じます。ユダヤ人に対する暴力は11月10日の朝まで続き、「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)として知られるようになります。数十人のユダヤ人が殺害され、数万人の人々が逮捕され、強制収容所に収容されます。

1938年11月12日
ナチスによるユダヤ人コミュニティへの罰金

ナチス国家は、ドイツ国内のユダヤ人コミュニティに対して10億ライヒスマルク(4億ドル)の罰金を科します。ユダヤ人には、ポグロム後の清掃や修繕が命じられます。ユダヤ人は、損害に対する保険金の収集が禁じられています。それどころか、ユダヤ人の財産の所有者に対する保険業者による支払いを国が没収することになります。ポグロム後、ユダヤ人は、ドイツにおけるあらゆる公の場から組織的に除外されてしまいます。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.