詳細
地図

占領下のヨーロッパの主なゲットー

第2次世界大戦中、ドイツは主に東欧にゲットーを建設し(1939〜1942年)、ハンガリーにも建設しました(1944年)。 これらのゲットーは、壁で取り囲まれた地域であり、ユダヤ人住民が押し込められて、悲惨な環境での生活を強いられていました。 ドイツは、ユダヤ人ゲットーの建設を、ユダヤ人を統制、隔離、および分離するための暫定的な方法と考えていました。 1942年からは、ユダヤ人を殺害することが決定された後、ドイツはゲットーを組織的に破壊し、ユダヤ人を絶滅収容所に移送して、そこで殺害しました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

前の記事

Major ghettos in occupied Europe [LCID: eur74910]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.