| ""の検索結果 space(s) 31-40件を表示/全1665件 |

  • ドイツが軍縮と国際協力を拒否する

    歴史映画の場面

    アドルフ・ヒトラーの外交政策は、戦争を通じてドイツのためのヨーロッパ帝国を成立することでした。 この政策を遂行するには、ドイツの軍事力の迅速な拡大が求められました。 1932年に開始されたジュネーブ軍縮会議は、軍縮の交渉を通じて新たなヨーロッパ戦争を回避することを目的としていました。…

    ドイツが軍縮と国際協力を拒否する
  • ドイツの強制労働収容所の解放直後

    歴史映画の場面

    ドイツ北部の一大産業都市であるハノーバーには、3か所の強制労働収容所がありました。 これら3か所の収容所はすべて、ノイエンガンメ強制収容所組織の一部でした。 1945年の4月前半に、米軍はハノーバーに入り、生存していた収容者を解放しました。 米陸軍通信隊は、解放直後にハノーバーの収容所の1つを映像に収めました。…

    ドイツの強制労働収容所の解放直後
  • ドイツ軍がコヴェントリーに爆弾を投下する

    歴史映画の場面

    1940年11月14日から15日にかけての深夜に、500機近いドイツ軍爆撃機がイギリス中部の産業都市であるコヴェントリーを攻撃しました。 爆撃機は150,000の焼夷弾と500トンを超える高性能爆弾を投下しました。 この空襲により、12の軍需工場と歴史的な聖ミカエル大聖堂を含む市の中央部のほとんどが破壊されました。 この映像は、空襲後の光景を示したものです。…

    ドイツ軍がコヴェントリーに爆弾を投下する
  • トルーマン大統領がヨーロッパの勝利を宣言する

    歴史映画の場面

    第二次世界大戦は、1939年9月にドイツがポーランドを侵略したことで始まり、1945年5月にドイツの降伏により連合国軍がヨーロッパで勝利を収めたことで終わりました。5月8日はVEデイ(ヨーロッパ戦勝記念日)として宣言されました。 この映像で、米国のハリー…

    トルーマン大統領がヨーロッパの勝利を宣言する
  • ニュルンベルクで上映された映像に対する反応

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチス強制収容所」は、1945年11月29日に法廷で提示され、裁判で証拠として用いられました。連合軍が強制収容所を解放した時に撮影されたこのフィルム映像は、1945年11月29日に法廷で提示され、裁判で証拠として用いられました。この一場面は、映像上映後の被告側と法廷にいる人々の反応を示しています。

    ニュルンベルクで上映された映像に対する反応
  • ニュルンベルク法の公布

    歴史映画の場面

    第7回ナチ党大会特別国会において、ヘルマン・ゲーリングによるニュルンベルク法の序文が読み上げられました。この法律では、ドイツ国民を血統により定義し、またドイツ人とユダヤ人の結婚が禁じられました。ライヒスターク(ドイツ国会)の特別議会で、ユダヤ人に対するナチスの政策方針を定める法律が制定されました。

    ニュルンベルク法の公布
  • ニュルンベルグ裁判: ゲーリングの証言

    歴史映画の場面

    ヘルマン・ゲーリングは、ドイツ空軍の総司令官でした。 彼は、ニュルンベルグの国際軍事裁判で裁判にかけられた22人の主要戦犯の1人でした。 ここで、ゲーリングは1941年7月31日に、国家保安本部長であるラインハルト・ハイドリヒに対し、いわゆる「ヨーロッパのユダヤ人問題の最終的解決」を計画する許可を与えた命令について証言します。…

    タグ: 最終的解決
    ニュルンベルグ裁判: ゲーリングの証言
  • ニュルンベルグ裁判で被告人が抗弁する

    歴史映画の場面

    ドイツの敗戦後、連合国は、ソ連、イギリス、フランス、および米国による軍事裁判官の法廷において、第三帝国の主要な政府高官や政党役員および軍司令官を裁判にかけました。…

    ニュルンベルグ裁判で被告人が抗弁する
  • ノルウェーのファシスト

    歴史映画の場面

    このドイツのニュース映画には、ファシズム政党である国民連合の党首、ヴィドグン・クヴィスリングが映っています。クヴィスリングは、戦時中のノルウェーでナチス寄りの政権を率いていました。

    ノルウェーのファシスト
  • ノルトハウゼン強制収容所

    歴史映画の場面

    ジョージ・スティーブンスの「ナチス強制収容所」の一場面。ニュルンベルクの裁判で検察側が、このドイツのフィルム映像を証拠として提出し、使用しました。

    ノルトハウゼン強制収容所

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.