| ""の検索結果 space(s) 51-75件を表示/全1665件 |

  • ベルリンオリンピック

    歴史映画の場面

    ベルリンオリンピック
  • ベルリン近郊のロマ族(ジプシー)の野営地
  • マイダネクの解放

    歴史映画の場面

    1944年7月、ソ連軍はマイダネク絶滅収容所を解放しました。 ドイツ占領下のポーランド時代に行われたナチスの残虐行為を記録するために設立されたポーランド・ソ連・ナチス犯罪捜査委員会は、収容所におけるナチスの大量殺戮に関する調査の一環として、マイダネクで死体の発掘を命じました。…

    マイダネクの解放
  • マウトハウゼンの解放

    歴史映画の場面

    マウトハウゼン強制収容所は、ドイツによるオーストリア併合(1938)の直後に設立されました。…

    マウトハウゼンの解放
  • ユダヤ人、無人の土地に追いやられる

    歴史映画の場面

    ミュンヘン協定が締結され、チェコがスデーテン地方をドイツに引き渡した後、ドイツ当局はポホレリセのユダヤ人住人をスデーテン地方からチェコスロバキアに追い払いました。 しかしチェコ政府は難民が大量に流れてくるのを恐れ、彼らを拒みました。…

    ユダヤ人、無人の土地に追いやられる
  • ユダヤ人難民、イタリアに渡る

    歴史映画の場面

    主に東ヨーロッパの約250,000人のユダヤ人生存者による、パレスチナを目指した難民キャンプおよび西側諸国への戦後の移動は「ブリアー」(群れの移行)と呼ばれています。 ここではユダヤ人難民がパレスチナに航海する船をチャーターする目的で、イタリアに不法に渡ります。…

    ユダヤ人難民、イタリアに渡る
  • ユリウス・シュトライヒャー

    歴史映画の場面

    ナチスのリーダーで、反ユダヤ主義新聞「シュテルマー」(攻撃者)の出版者でもあるユリウス・シュトライヒャーが、世界の支配を試み、ユダヤ人以外から搾取して生きているとしてユダヤ人を非難する演説を行います。 シュトライヒャーは、「ユダヤ人問題」の解決がドイツの唯一の解決策であると主張します。

    ユリウス・シュトライヒャー
  • ヨーロッパのユダヤ人を救済するための追悼ショーの呼びかけ

    歴史映画の場面

    ナチスによるヨーロッパのユダヤ人殺害のニュースがアメリカに届くと、ヨーロッパのユダヤ人の救助を求める声がルーズベルト大統領府に押し寄せるようになりました。 その動きに拍車をかけて、劇作家のベン・ヘクトがナチスの迫害によるユダヤ人犠牲者を追悼するために、「We Will Never Die(決して死なない)」を書き上げました。…

    タグ: 救援
    ヨーロッパのユダヤ人を救済するための追悼ショーの呼びかけ
  • ライン地方の再軍備

    歴史映画の場面

    1919年のベルサイユ条約の条項により、第一次世界大戦に敗戦したドイツが、フランス、ベルギー、およびオランダの一部との国境を接するドイツ西部のライン地方の非武装化地帯に軍隊を配備することは禁止されていました。 条約では、米国の軍隊を含む連合国軍がこの地方を占領することが規定されています。…

    ライン地方の再軍備
  • リヴィウのポグロム

    歴史映画の場面

    ソ連は、独ソ不可侵条約の秘密条項に従い、1939年9月にリヴィウを占領しました。 ドイツは1941年6月22日にソ連に侵攻し、その1週間以内にリヴィウを占領しました。 ドイツ軍は、この町のユダヤ人たちがソ連を支持したと主張したのです。 それによってウクライナ人の暴徒たちがユダヤ人を攻撃しました。…

    リヴィウのポグロム
  • ルーズベルト大統領がイギリスへの援助を発表する

    歴史映画の場面

    米国内の根強い孤立主義感情に抑えられてはいるものの、ルーズベルト大統領は、民主主義国家のイギリスがナチスドイツとの戦争を継続するために援助をさしのべる決意を固めていました。…

    ルーズベルト大統領がイギリスへの援助を発表する
  • ルーマニアのロマ族(ジプシー)

    歴史映画の場面

    第二次世界大戦前、ヨーロッパには約100万人のロマ族(ジプシー)が住んでいました。約30万人のロマ族最大のコミュニティはルーマニアにありました。この映像には、ブカレストの北西にある小さな町モレニのロマ族(ジプシー)のコミュニティが映っています。多くのロマ族は遊牧生活を営み、小規模な行商人、職人、商人、労働者、音楽家として働いていました。

    ルーマニアのロマ族(ジプシー)
  • ワルシャワゲットーの日常生活

    歴史映画の場面

    ワルシャワゲットーの各地区をつなぐ橋が、ゲットー以外の通りへのユダヤ人の侵入を妨げています。 ゲットーが封鎖される前には、いくつかの入口と出口に検問所が設けられていました。 ゲットーでの初期の生活は普通のように見えましたが、その後まもなく食料や適切な住居の不足が深刻になり始めました。

    タグ: ゲットー
    ワルシャワゲットーの日常生活
  • ワルシャワのユダヤ人評議会議長、アダム・チェルニャクフ

    歴史映画の場面

    ドイツ軍は1939年9月にワルシャワに侵入し、その翌月、この町にユダヤ人評議会の設立を命じました。 ドイツ軍は、ワルシャワの旧ユダヤ人コミュニティ評議会のメンバーであったアダム・チェルニャクフを議長に選びました。 ここではドイツのニュース映画制作のために、ドイツの宣伝会社がチェルニャクフとゲットーからの請願者たちとの会合を仕立てています。…

    タグ: ゲットー
    ワルシャワのユダヤ人評議会議長、アダム・チェルニャクフ
  • ワルシャワの降伏

    歴史映画の場面

    ドイツ軍は、1939年9月8〜9日に、ワルシャワの一部に到達しました。ドイツ軍がワルシャワを包囲していた間、この町は空襲と大砲による砲撃によりかなりの打撃を受けました。 ワルシャワは9月28日に降伏しました。ここでは、ドイツ軍がワルシャワを占領しています。 この映像は、ポーランドの地下映画組織が制作した映画「Tale of a City(町の物語)」からのものです。

    ワルシャワの降伏
  • 人種研究の対象にされたロマ族(ジプシー)の子供たち

    歴史映画の場面

    エヴァ・ジャスティンは、ロマ族(ジプシー)に関する第三帝国の「専門家」であるロベルト・リッター医師の助手を務めていました。 彼女はこれらのロマ族(ジプシー)の子供たちを、ロマ族の人種的特徴に関する博士論文の一部として研究したのです。 子供たちは、ドイツのムルフィンゲンにあるカトリックの孤児院、聖ヨーゼフの家に住んでいました。…

    人種研究の対象にされたロマ族(ジプシー)の子供たち
  • 医学訴訟で人体実験の犠牲者が証言する

    歴史映画の場面

    医療訴訟はニュルンベルグ継続裁判の一部として米国軍事法廷で行われた12の戦犯裁判の1つでした。 この訴訟では、ドイツ人の身体障害者や精神障害者の殺害に加担したり、強制収容所の収容者に人体実験を実施した医師や看護師が裁判にかけられました。…

    医学訴訟で人体実験の犠牲者が証言する
  • 反ナチス抗議

    歴史映画の場面

    アドルフ・ヒトラーは、1933年1月にドイツの首相に就任しました。その後まもなく、ナチズムの反対者を脅かす運動が始まりました。 ユダヤ人は、これらの運動の主な標的となりました。 多くのユダヤ人は、公衆の場で屈辱を受けたり、逮捕され、辞職を強制された人々もいました。…

    反ナチス抗議
  • 反ナチス抗議

    歴史映画の場面

    米国ユダヤ人議会は、米国でナチズムに反対した最初のグループの1つでした。 この議会は、ヒトラーがドイツで権力を握った直後の1933年3月という早い時期から抗議集会を行い、戦争が終わるまで継続しました。 米国ユダヤ人議会はローアー・マンハッタンでこの反ナチス行進を計画しました。 このイベントは、ドイツの焚書と同時期に行われました。

    反ナチス抗議
  • 強制労働を強いられるロマ族(ジプシー)の男性

    歴史映画の場面

    ウスタシャ(クロアチアファシズム政党)とドイツ人兵士に監視されたロマ族(ジプシー)の男性たちが、おそらくクロアチアのヤセノヴァツにある強制収容所を建設するために強制労働を強いられています。 クロアチアのウスタシャ政権は、第二次世界大戦中にドイツと同盟を結び、独自の殺戮計画を遂行しました。…

    強制労働を強いられるロマ族(ジプシー)の男性
  • 強制収容所のフィルム映像の一部

    歴史映画の場面

    米国の検事トーマス・ダッドは、フィルム映像の「ナチス強制収容所」を提出します。この法廷の場面の最後では、映像を上映するために照明が暗くなります。連合軍が強制収容所を解放した時に撮影されたこのフィルム映像は、1945年11月29日に法廷で提示され、裁判で証拠として用いられました。

    強制収容所のフィルム映像の一部
  • 日本がパールハーバーを攻撃する

    歴史映画の場面

    日本の外交官がワシントンD.C.でコーデル・ハル国務長官と交渉を続ける間、日本の爆撃機がパールハーバーの海軍基地を攻撃しました。 この奇襲攻撃に対するアメリカ人の怒りは孤立主義感情を大きく圧倒し、翌日米国は日本に対して宣戦布告を宣言しました。

    日本がパールハーバーを攻撃する
  • 水晶の夜に対する米国の批判

    歴史映画の場面

    1938年11月9日、ナチスはユダヤ人に対する全国的なポグロムを展開しました。 「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)と呼ばれるこのポグロム中に、突撃隊員(SA)の一団がユダヤ人の所有する数千の商店や数百のユダヤ教会を破壊しました。 約100人のユダヤ人がこの暴動で殺害されました。 この映像は、ニューヨーク市で行われた抗議集会の光景を示しています。…

    水晶の夜に対する米国の批判
  • 米国が第二次世界大戦に参入

    歴史映画の場面

    前日パールハーバーへの奇襲攻撃を受けた後、フランクリン D.ルーズベルト大統領が日本への宣戦布告を米国議会に求めた演説の一部。

    米国が第二次世界大戦に参入
  • 米国に向けて旅立つ難民

    歴史映画の場面

    第二次世界大戦後、ヨーロッパの連合国は数百万の難民(DP)をドイツから祖国に帰還させました。 残りの150万〜200万のユダヤ人およびユダヤ人以外の難民は、戦前住んでいた家に戻ることを拒んだか、戻ることができませんでした。 他のヨーロッパ諸国や米国がこれらの難民を大量に受け入れることは、移住制限により阻止されていました。…

    米国に向けて旅立つ難民

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.