| ""の検索結果 space(s) 76-100件を表示/全1665件 |

  • 米軍兵士がハダマルを視察する

    歴史映画の場面

    ナチスが使用した「安楽死」という言葉は、ナチスが「生きている価値がない」と見なした人々の殺害を意味していました。 1941年、ハダマル精神病院は、ドイツの安楽死絶滅収容所の1つとして機能していました。 安楽死の対象としてドイツ人医師が選択した患者は、ハダマルをはじめとする施設に移送され、ガス室で殺害されたのです。…

    米軍兵士がハダマルを視察する
  • 被告席の被告人

    歴史映画の場面

    ニュルンベルク国際軍事裁判で被告席に並ぶ被告人たち。

    被告席の被告人
  • 連合国軍捕虜が労働の詳細を語る

    歴史映画の場面

    ほとんどの連合国軍兵士の捕虜(POW)は、強制収容所の収容者と比較すると、ましな待遇を受けていました。 しかし、オランダ人捕虜であったブーラード大尉は、ここダッハウ強制収容所において、一部の捕虜はひどい暴力を受け、厳しい強制労働を強いられたことを語っています。

    連合国軍捕虜が労働の詳細を語る
  • 「セントルイス号」のモーリッツ・ショーエンバーガーからの電報

    文書

    1939年5月25日、アーティストのモーリッツ・ショーエンバーガーは、ドイツのハンブルクからキューバ島ハバナへ向かう航海中、遠洋定期船「セントルイス号」からこの無線電報を送りました。 この航海で、「セントルイス号」は、ナチスの迫害を逃れた900人を超えるユダヤ人難民を乗せていました。…

    「セントルイス号」のモーリッツ・ショーエンバーガーからの電報
  • 「セントルイス号」の図面

    文書

    客室と客室番号を示す旅客船「セントルイス号」(2プロペラ搭載)の図面。1939年に、このドイツの遠洋定期船は、キューバでの一時的避難を求める1,000人近いユダヤ人難民を乗せていました。この船はキューバそして米国に難民の入国を拒否された後、やむなくヨーロッパに戻りました。

    「セントルイス号」の図面
  • アリス・「サラ」・マイヤーに発給されたドイツの旅券(内側)

    文書

    1939年2月24日にドイツのビンゲンでアリス・マイヤーに発給されたドイツの旅券。 彼女の娘のエレンも旅券に記載されています。 母子両方の名前にはミドルネーム「サラ」が含まれています。…

    アリス・「サラ」・マイヤーに発給されたドイツの旅券(内側)
  • ヴェステルボルク通過収容所の手書きの計画書

    文書

    オランダ政府は、オランダに不法入国したユダヤ人難民を拘留するための収容所をヴェステルボルクに設立しました。 この通過収容所計画書は、米国移住できたユダヤ人囚人によって作成されました。 1942年初頭、ドイツの占領当局はヴェステルボルクの施設を拡大してユダヤ人の通過収容所に作り変えることを決定しました。…

    ヴェステルボルク通過収容所の手書きの計画書
  • エルナ・「サラ」・シュレジンガーに発給されたドイツの旅券(内側)

    文書

    1939年7月8日にベルリンでドイツの警察当局がエルナ・「サラ」・シュレジンガーに発給した旅券。 最初の頁には、ドイツ国内のユダヤ人の身元確認を推進するドイツの法律が記されています。 1938年、ドイツでは、ユダヤ系でない名前を持つユダヤ人女性に対し、すべての公文書にミドルネームとして「サラ」と記載するように求める法律が発効しました。…

    エルナ・「サラ」・シュレジンガーに発給されたドイツの旅券(内側)
  • グレゴール・ヴォールファールトの処刑通知

    文書

    ドイツ、ベルリンの当局は、バルバラ・ヴォールファールトに対し、1939年12月7日の朝に彼女の夫、グレゴール・ヴォールファールトを処刑したことを通知しました。彼は健康に問題があったため兵役に就くことはありませんでしたが、ナチスは、彼が宗教上の理由から兵役に否定的な意見を持っていたことを咎め、彼を裁判にかけました。…

    グレゴール・ヴォールファールトの処刑通知
  • シモーヌ・ヴェイユの偽造学生証

    文書

    シモーヌ・ヴェイユは、1943年終わりに新たな身分証明書を入手するため、1938年から1939年にかけての学生証をシモーヌ・ヴェルランという名前で偽造しました。 この学生証では、彼女がストラスブールの社会福祉大学に在籍していることが証明されていました。 彼女は、偽造文書を利用してフランスのシャトールーに移動し、ユダヤ人救済組織Oeuvre de Secours aux…

    タグ: 救援
    シモーヌ・ヴェイユの偽造学生証
  • シモーヌ・ヴェイユの偽造教諭免許

    文書

    シモーヌ・ヴェイユは1943年後半、この偽造免許や他の偽造文書を使用して、新しい偽りの身分証明を申請しました。シモーヌ・ヴェルランとしての身分を獲得した彼女は逮捕を逃れて住所を変更し、救済組織Oeuvre de Secours aux Enfants(子供救援協会:OSE)のメンバーとしてユダヤ人の子供の救済活動に従事しました。…

    シモーヌ・ヴェイユの偽造教諭免許
  • シモーヌ・ヴェイユの幼稚園教諭免許

    文書

    シモーヌ・ヴェイユは、1940年、ストラスブールの社会福祉大学で、フランスで幼稚園児に教えるための免許を取得しました。彼女は、救済組織Oeuvre de Secours aux Enfants(子供救援協会:OSE)のメンバーとしてレジスタンス活動に従事するために偽りの身分を装いました。…

    シモーヌ・ヴェイユの幼稚園教諭免許
  • 偽造身分証明書: シモーヌ・ヴェイユ

    文書

    シモーヌ・ヴェイユは、「シモーヌ・ヴェルラン」としての偽造身分証明書がばれ新たな偽造身分証明書を取得しなければならないときに備えて、空白の身分証明書に写真を貼って所有していました。 レジスタンスの運動家と同情的な政府役人が彼女に必要な印と署名を用意しました。 このような偽造文書は、救済組織Oeuvre de Secours aux…

    偽造身分証明書: シモーヌ・ヴェイユ
  • 新聞記事「難民の悲劇」

    文書

    サンフランシスコ・クロニクル紙の記事「難民の悲劇」。 この記事は、支援組織「アメリカ・ユダヤ人共同配給委員会」のモーゼス・ベッケルマンのインタビューをベースにしたもので、 北米や南米への移動中、滞在地である上海や神戸、リスボンで足止めされポーランドやリトアニアの難民が密集している状況について述べられていました。…

    新聞記事「難民の悲劇」
  • 「Newsmap for the Armed Forces」 にてアメリカ人兵士向けに発行された差し込み記事

    アーティファクト

    アメリカ兵向けに用意された差し込み記事。「Newsmap for the Armed Forces」の海外版で発表されたこの図では、ニュルンベルク裁判における被告人に対する起訴内容が説明されています。1945年。

    「Newsmap for the Armed Forces」 にてアメリカ人兵士向けに発行された差し込み記事
  • 「セントルイス号」写真集

    アーティファクト

    セントルイス号の乗客が撮影した写真が収録されている写真集。表紙にセントルイス号が描かれている。1939年、このドイツの遠洋定期船は、キューバに一時的な避難場所を求めるユダヤ人難民を運んでいました。キューバが難民たちの入国を拒否すると、同船はヨーロッパへの帰航を余儀なくされました。

    「セントルイス号」写真集
  • 「水晶の夜」で損傷したヘブライ語の祈祷書のページ

    アーティファクト

    これらは、1938年11月9日と10日の「水晶の夜」(壊れたガラスの夜)で損傷したヘブライ語の祈祷書のページです。ドイツのボーベンハウゼンのシナゴーグが放火された際に火災で損傷しました。 1989年、ギーセンのユダヤ人のコミュニティから米国国立ホロコースト記念博物館に寄贈されました。

    「水晶の夜」で損傷したヘブライ語の祈祷書のページ
  • アブラハム・レーヴェントの囚人服の上着

    アーティファクト

    アブラハム・レーヴェントは、ワルシャワのゲットーからマイダネクに送られ、次にドイツのいくつかの強制収容所に収容された後、1944年にブーヘンヴァルト強制収容所に移送されたときに支給されたこの囚人服を着用しました。

    アブラハム・レーヴェントの囚人服の上着
  • ウッチゲットーのシンガーミシン

    アーティファクト

    このシンガーミシンは、ポーランドのウッチゲットーで靴職人が使用していました。ドイツは早くも1940年5月にはウッチゲットーに工場を建設し始め、ユダヤ人住民を強制労働に利用しました。1942年8月までに、同ゲットー内には100棟弱の工場がありました。その大部分の工場では、ドイツ軍のための布織物(特に制服)を生産していました。

    タグ: ゲットー
    ウッチゲットーのシンガーミシン
  • カレル・ブラムルの強制収容所の帽子

    アーティファクト

    1942年、テレージエンシュタットからアウシュビッツ強制収容所に送られた後、カレル・ブラムルは、近郊のモノヴィッツ収容所(通称ブナ)にある合成ゴム(ブナ)工場で強制労働させられていたときに、この帽子を着用していました。

    カレル・ブラムルの強制収容所の帽子
  • クラクフのユダヤ人街の人形

    アーティファクト

    ゾフィア・ブロウスカ(ショロヴィッチ)により当博物館に寄贈された1930年代の人形。 第二次世界大戦前に彼女の両親が与えたもので、ポーランドのヴォルブラムやクラクフのゲットー(ユダヤ人街)でも彼女は大事にしていました。 この人形と彼女の家族の他の持ち物の一部は、ユダヤ人ではない友人が預かっていました。…

    クラクフのユダヤ人街の人形
  • シュテルマー第29号(1934年7月)

    アーティファクト

    ナチスドイツが半ば公認していた激しい反ユダヤ主義の新聞。シュテルマーは、この1934年に発行された号で、ユダヤ人が世界征服を企んでいると警告しました。「敵とは誰か?」と題した記事で、社会秩序を壊すユダヤ人を非難し、世界が平和を望んでいるのに対し、ユダヤ人は戦争を望んでいると主張しています。シュテルマー 1934年7月。

    シュテルマー第29号(1934年7月)
  • シュトループレポートの表

    アーティファクト

    シュトループレポートの表
  • ジュリアン・ノガの囚人服の上着

    アーティファクト

    フロッセンビュルク強制収容所の青と灰色の縦縞の上着。 上着の左前部"P"は、ユダヤ人ではなくポーランド人の囚人が着用していたことを示します。 "P"はドイツ語の”Pole”「ポーランド人」を表します。 着用していたノガ氏本人から、米国国立ホロコースト記念博物館に寄贈されました。

    ジュリアン・ノガの囚人服の上着
  • タイムズ(1921年8月17日)

    アーティファクト

    タイムズ(1921年8月17日)

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.