| ""の検索結果 space(s) 101-125件を表示/全1665件 |

  • タイムズ(1921年8月17日)

    アーティファクト

    タイムズ(1921年8月17日)
  • タイムズ(1921年8月17日)

    アーティファクト

    タイムズ(1921年8月17日)
  • タイムズ(1921年8月17日)

    アーティファクト

    タイムズ(1921年8月17日)
  • タイムズ(1921年8月17日)

    アーティファクト

    タイムズ(1921年8月17日)
  • デンマーク人の救命ボート

    アーティファクト

    サンシャイン号(旧ルーリファクス号)という名称のこのボートは、第二次世界大戦中、デンマーク人難民をドイツ占領下のデンマークから中立国のスウェーデンに移送するために使用されました。

    タグ: 救援
    デンマーク人の救命ボート
  • ハンナ・ミューラーが強制収容所で着用していたスカート

    アーティファクト

    1944年、ハンナ・ミューラーがアウシュビッツ強制収容所で支給されたスカートの裾でポケットを作ってリメイクしたものです。

    ハンナ・ミューラーが強制収容所で着用していたスカート
  • ヘスの供述書

    アーティファクト

    ヘスの供述書
  • ポーランド系ユダヤ人難民がビルナ地区に持ち込んだ燭台

    アーティファクト

    ユダヤ教の安息日の儀式の際、毎週金曜日の夜に使用された、ポーランドで購入された一組の燭台。 1939年のドイツのポーランド侵攻を逃れてきたポーランド系ユダヤ人がこれらの燭台を携え、ビルナ地区まで逃げてきました。

    ポーランド系ユダヤ人難民がビルナ地区に持ち込んだ燭台
  • ホテル・ライヒスホフのチラシ

    アーティファクト

    ドイツ、ハンブルクのホテル・ライヒスホフの1939年のチラシ。 赤いラベルには、ホテル内のレストラン、バー、レセプションルームへのユダヤ人の立ち入りを禁止した文言が書かれています。 ホテル側はユダヤ人宿泊客に食事を客室内でとるように要求していました。…

    ホテル・ライヒスホフのチラシ
  • マイダネクのガス室のドアの鋳物

    アーティファクト

    米国国立ホロコースト記念博物館からの委託により、ポーランドのルブリン郊外にあるマイダネク絶滅強制収容所のガス室のドアを溶かして作った鋳物。 マイダネクは強制収容所、強制労働収容所、絶滅収容所として使われました。 マイダネクのそれぞれのガス室には金属製の密閉ドアが備え付けられ、ガスを室内に注入する前にボルトで固定されました。…

    マイダネクのガス室のドアの鋳物
  • マウトハウゼンで採石された御影石

    アーティファクト

    オーストリアのマウトハウゼン記念館から米国国立ホロコースト記念博物館に寄贈された190個の御影石の一部です。 ナチスは、1938年、放棄された採石場の近くにマウトハウゼン強制収容所を作りました。 囚人たちは180段を超える階段を上って御影石を運搬しなければなりませんでした。 小さなものでも1つ14〜20kgもあり、 大きなものは34kgを超えました。…

    マウトハウゼンで採石された御影石
  • ユダヤ人を救ったル・シャンボンの牧師の聖書

    アーティファクト

    この家庭用聖書はアンドレ・トロクメ牧師のもので、説教に備えた彼の注釈が記載されています。 彼は、フランスのル・シャンボン・シュール・リニョンのプロテスタントの牧師でした。 戦時中、彼と町の住民はユダヤ人(特にユダヤ人の子供たち)と他の人をドイツ人から守りました。 これにより、約5,000人のユダヤ人を含む、数千人の難民が救われました。…

    タグ: 救援
    ユダヤ人を救ったル・シャンボンの牧師の聖書
  • ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンが作ったナイフ

    アーティファクト

    ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンは、1944年11月、SS(ナチス親衛隊)によってアウシュビッツからドイツ、フライブルクの飛行機工場に強制労働のために移送された後、アルミニウム片とのこぎりの一部を使ってこのジャックナイフを作りました。彼女はこのナイフで、毎日支給されるパンを半分に切って少しずつ食べていました。

    ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンが作ったナイフ
  • ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンが作った櫛

    アーティファクト

    ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンは、1944年11月、SS(ナチス親衛隊)によってアウシュビッツからドイツ、フライブルクの飛行機工場に強制労働のために移送された後、飛行機の部品からアルミニウムの櫛を作りました。彼女は、アウシュビッツで剃られた髪が伸び始めると、この櫛で髪をとかしました。

    ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンが作った櫛
  • ロマ(ジプシー)の女性が着用していたスカート

    アーティファクト

    このコットンタフタ製のスカートは1920年代まで遡り、 ドイツのフランクフルトで生まれ、戦前までドイツに在住していたあるロマ(ジプシー)の女性の持ち物です。 彼女はナチスに捕らえられ、アウシュビッツ、ラーフェンスブリュック、マウトハウゼン、ベルゲン・ベルゼンの収容所に入れられました。…

    ロマ(ジプシー)の女性が着用していたスカート
  • 傍聴券

    アーティファクト

    ニュルンベルク国際軍事裁判の傍聴席へ入るためのチケット。傍聴券は数人で共有され、多くの人がこの歴史的な裁判の傍聴に交替で訪れました。

    傍聴券
  • 公共の場からユダヤ人を排除する標識

    アーティファクト

    ナチスドイツでは、公共の場所(公園、劇場、映画館、レストランなど)に、このようなユダヤ人を排除する標識が掲げられました。 この標識にはドイツ語で、 「ユダヤ人お断り」と書かれています。

    公共の場からユダヤ人を排除する標識
  • 反ユダヤ主義的児童書

    アーティファクト

    1936年、ドイツのニュルンベルクで出版された反ユダヤ主義的な児童書。 ドイツ語のタイトルを訳すと、「荒野の狐とユダヤ人の誓約を信じることはできない: 老若男女のための絵本」となります。 表紙には、荒野の狐と宣誓をするユダヤ人の戯画が描かれています。

    反ユダヤ主義的児童書
  • 国際軍事裁判(IMT)プログラム1ページ目

    アーティファクト

    ニュルンベルク国際軍事裁判被告リストの1ページ目。IMTで配布された謄写版印刷プログラムの記載内容。このページには、へルマン・ゲーリング、ルドルフ・ヘス、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ、アルフレート・ローゼンベルクについて、各々に関する簡潔なバイオグラフィーとともに記載されています。

    国際軍事裁判(IMT)プログラム1ページ目
  • 国際軍事裁判のプログラム表紙

    アーティファクト

    ニュルンベルク国際軍事裁判で配布されたプログラムの表紙(謄写版印刷)。

    国際軍事裁判のプログラム表紙
  • 国際軍事裁判プログラム3ページ目

    アーティファクト

    ニュルンベルク国際軍事裁判被告リストの3ページ目。IMTで配布された謄写版印刷プログラムの記載内容。このページには、ユリウス・シュトライヒャー、ヴィルヘルム・カイテル、ヴァルター・フンク、ヒャルマル・シャハトについて、各々に関する簡潔なバイオグラフィーとともに記載されています。

    国際軍事裁判プログラム3ページ目
  • 国際軍事裁判プログラム4ページ目

    アーティファクト

    ニュルンベルク国際軍事裁判被告リストの4ページ目。IMTで配布された謄写版印刷プログラムの記載内容。このページには、ヒャルマル・シャハト、カール・デーニッツ、バルドゥール・フォン・シーラッハ、フリッツ・ザウケルとアルベルト・シュペーアについて、各々の簡潔なバイオグラフィーとともに記載されています。

    国際軍事裁判プログラム4ページ目
  • 国際軍事裁判プログラム5ページ目

    アーティファクト

    国際軍事裁判プログラム5ページ目
  • 国際軍事裁判プログラムの1ページ

    アーティファクト

    法廷内の見取り図。1945年ニュルンベルク国際軍事裁判で配布された謄写版印刷プログラムに記載されていたもの。

    国際軍事裁判プログラムの1ページ
  • 地図「アインザッツグルッペンA部隊が実行したユダヤ人処刑」

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.