Category: Film

Clear All
  • 「ナチ計画」: ヒトラーの側近たち

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。「ヒトラーが爆発計画を逃れた後の会議 1944年7月20日」と題されたこのフィルム映像は、ニュルンベルクの検事たちが、国際軍事裁判の被告人たちがヒトラーの最も近い側近たちだったことを示すために用いたものです。

    「ナチ計画」: ヒトラーの側近たち
  • 「ナチ計画」: ユダヤ人の絶滅

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。この「戦争が起こった場合、ヨーロッパのユダヤ人が絶滅することをヒトラーは予想していた」と題されたフィルム映像には、1939年1月30日にドイツの議会でヒトラーが行ったスピーチがおさめられています。

    「ナチ計画」: ユダヤ人の絶滅
  • 「ナチ計画」: 反ユダヤ主義運動

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。このフィルム映像は、「1933年4月1日 公式の反ユダヤ主義運動の幕開け」と題されています。

    「ナチ計画」: 反ユダヤ主義運動
  • 「ナチ計画」: 焚書

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。このフィルム映像は、「焚書 1933年5月10日」と題されています。

    タグ: 焚書
    「ナチ計画」: 焚書
  • 「ナチ計画」: 第7回党大会 1935年

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。「第7回党大会 1935年9月10-16日」と題されたこのフィルム映像では、ヘルマン・ゲーリングが厳しい人種差別法を発表しています。

    「ナチ計画」: 第7回党大会 1935年
  • 1936年夏期オリンピックの開会式

    歴史映画の場面

    1933年、ナチ党のリーダーであるアドルフ・ヒトラーはドイツの首相となり、ドイツの脆弱な民主政治を1党の独裁政権へとまたたく間に変貌させていきました。 警察は数千人の政治反対者を一斉検挙し、裁判なしに彼らを強制収容所に拘置しました。 さらにナチス政権は、ドイツの「アーリア人」人種を「純血化」し、強化する目的の人種政策を実施していきました。 容赦ない作戦により、ドイツに住む50万人のユダヤ人は、ドイツのあらゆる生活から除外され始めたのです。 1936年8月の2週間にわたり、ベルリンでは夏季オリンピック大会を開催していた間、アドルフ・ヒトラーは反ユダヤ主義と拡大主義の政策を隠そうとしました。 オリンピックのためにドイツに来た多くの外国人訪問者を印象付けるために、ヒトラーは反ユダヤ活動を一時的に緩和することを許可しました(公衆の場へのユダヤ人の立ち入りを禁止する看板さえ取り除きました)。 オリンピック大会ではナチスのプロパガンダは大きな成功を収めました。 彼らは平和で寛容なドイツのイメージを外国の観客に印象付けたのです。 ここではヒトラーが正式にベルリンの1936年夏季オリンピック大会の開会宣言を行います。 新しいオリンピックの儀式にのっとり、古代オリンピックの開催地であるギリシャのオリンピアからリレーにより運ばれてきた聖火を持つ一人のランナーが到着しました。

    1936年夏期オリンピックの開会式
  • アインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)

    歴史映画の場面

    ドイツの移動虐殺部隊(アインザッツグルッペン)は、第二次世界大戦中、東ヨーロッパのドイツ占領地区で活動していました。 この珍しい映像は、ラトビアのリエパーヤで繰り広げられた移動虐殺部隊による大量殺人を示しています。 この映像は、命令に反してドイツ人兵士が収録したものです。 戦前のリエパーヤのユダヤ人住民は、7,000人を超えていました。 ドイツの移動虐殺部隊はこの町のほとんどのユダヤ人を射殺したのです。 ソ連軍が1945年にこの町を解放したとき、残っていたユダヤ人はわずか20〜30人にすぎませんでした。

    アインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)
  • アインザッツグルッペン裁判: ジャクソン裁判官がガストラック使用の詳細を述べる

    歴史映画の場面

    ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦犯の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 この映像は、ニュルンベルグ裁判における米国の検事長であった米国最高裁判所のロバート・ジャクソン裁判官が、ソ連へのドイツの侵略中にユダヤ人をはじめとする人々を殺害する目的でアインザッツグルッペンがガストラックを使用したことを述べた冒頭陳述を示しています。

    アインザッツグルッペン裁判: ジャクソン裁判官がガストラック使用の詳細を述べる
  • アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がアインザッツグルッペンの隊員に対する訴訟を開始する

    歴史映画の場面

    ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦争犯罪人の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。 ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 この映像は、米国の検察官ベン・フェレンスがこの訴訟の冒頭陳述において裁判の目的を述べている様子を示しています。

    アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がアインザッツグルッペンの隊員に対する訴訟を開始する
  • アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がジェノサイドの有罪を証明する

    歴史映画の場面

    ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦争犯罪人の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。 ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 検察当局の冒頭陳述を示したこの映像では、米国の検察官ベン・フェレンスが、戦争犯罪と人道に対する犯罪との違いについて説明しています。 その課程において、フェレンスはジェノサイドの有罪を証明します。

    アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がジェノサイドの有罪を証明する

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.