Category: Map

Clear All
  • ヨーロッパの主なナチス収容所、1944年1月

    地図

    ドイツはドイツ占領下のヨーロッパ全域で、ドイツの支配に抵抗した人々や、劣った人種または政治的に好ましくないと判断した人々を逮捕しました。 ドイツの支配に抵抗したという理由で逮捕された人々のほとんどは、強制労働収容所や強制収容所に送られました。 ドイツはユダヤ人を占領下のヨーロッパ全域からポーランドの絶滅収容所に移送し、そこでユダヤ人は組織的に殺害されました。また、強制収容所にも移送し、そこでユダヤ人は強制労働をさせられました。 ヴェステルボルク、グール、メッヘレン、西ヨーロッパのドランシーなどの通過収容所や、イタリアのボルツァーノやフォッソリ・ディ・カルピのような強制収容所は、ユダヤ人の集合センターとして使用され、その後彼らは鉄道で絶滅収容所に移送されたのです。 親衛隊の報告によると、1945年1月に強制収容所に登録されていた囚人は、700,000人を超えていました。

    ヨーロッパの主なナチス収容所、1944年1月
  • ヨーロッパの主な戦犯裁判、1943〜1947年

    地図

    ドイツのニュルンベルグで国際軍事裁判(IMT)が行われる前に、主なドイツ当局者が裁判にかけられました。 IMTは英国、フランス、ソ連、および米国の裁判官から構成されていました。 しかし、1945年以降の戦争犯罪裁判の圧倒的多数は、下級の役人や職員に対するものでした。 その中には、強制収容所の護衛兵や司令官、警察官、移動虐殺部隊の隊員、人体実験に加担した医師も含まれていました。 これらの戦争犯罪者は、占領下のドイツおよびオーストリアとイタリアの英国、米国、フランス、およびソ連領内で軍事法廷にかけられました。 罪を犯した国の法廷にかけられた者もいました。 法廷にかけられることも、罰せられることもなかった戦争犯罪人も数多くいました。

    ヨーロッパの主な戦犯裁判、1943〜1947年
  • ヨーロッパの鉄道網、1939年

    地図

    ヨーロッパの鉄道網は、最終的解決の実施に重要な役割を果たしました。 ドイツおよびドイツ占領下のヨーロッパのユダヤ人は、占領下のポーランドの絶滅収容所に鉄道で移送され、そこで殺害されたのです。 ドイツは、その意図を隠蔽しようとして、移送を「東への移住」と呼んでいました。 犠牲者たちは労働収容所に連れて行かれると言われましたが、実際には、1942年以降ほとんどのユダヤ人にとって、移送は絶滅収容所への移送を意味しました。 このような大規模な移送には、国家保安本部(RSHA)、運輸省、外務省を含めた多くのドイツ政府省庁の調整が必要でした。 RSHAが移送を調整および指示し、運輸省が列車のスケジュールを計画し、外務省がユダヤ人を引き渡すようにドイツ同盟国との交渉にあたりました。

    ヨーロッパの鉄道網、1939年
  • ルーマニア、1933年
  • ルーマニア1933年、ヤシ を示す
  • ルーマニア1942年、トランスニストリア を示す
  • ルーマニアの収容所とゲットー、1942年
  • ロマ(ジプシー)の迫害、1939〜1945年

    地図

    ロマ族(ジプシー)は、人種的な理由でナチス政権による迫害の対象に選ばれた集団の1つでした。 ロマ族は、抑留、移送、および強制労働の対象となり、絶滅収容所に送られました。 また、アインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)は、ドイツ支配下の東部の領地で何万人ものロマ族を殺害しました。 ロマ族の運命はユダヤ人の運命と非常に似ていました。 ホロコーストの際に殺害されたロマ族の数を特定するのは困難です。 戦前にヨーロッパに住んでいた約100万人のロマ族のうち、200,000〜500,000人が殺害されたと推定されます。

    ロマ(ジプシー)の迫害、1939〜1945年
  • ワルシャワno周囲、1940年
  • ワルシャワゲットー蜂起、1943年

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.