1919 anti-Jewish propaganda poster of a Jewish Communist soldier gloating at hanged war heroes, titled "Is this why we fought?"

反ユダヤ主義の歴史: 第一次世界大戦

第一次世界大戦の前、急進主義かつ人種差別的な反ユダヤ主義は、ヨーロッパの大部分と米国の右翼政治の分派に限定されていました。 それにもかかわらず、ユダヤ人とユダヤ人的「振る舞い」に対する不変の固定観念は、ユダヤ人以外の人々の間で存在し続けました。

第一次世界大戦中と大戦直後に発達した3つの傾向により、人種差別的変種を含む反ユダヤ主義はヨーロッパ政治の主流となっていきました。

第一に、敗戦国にとっては、戦場での恐ろしい殺戮(ヨーロッパが初めて経験した人の手による大虐殺)は、何も得るものがない犠牲でした。 狡猾な内部密告以外には説明できないことのように感じられたのです。 背後の一突き伝説(内輪の裏切り)は、第一次世界大戦でのドイツとオーストリアの敗戦を、外国の利益のために働く内部の裏切り者(主にユダヤ人と共産党員)のせいにしました。 この伝説は広く信じられただけでなく、敗戦したドイツの軍事指導者たちは政策の結果に対する個人的責任を逃れるため、この伝説を故意に広めました。

人口に対するユダヤ人の数の割合からしてもドイツのユダヤ人はドイツ軍で誠実に、そして勇敢に戦い貢献したという事実があったにもかかわらず、ユダヤ人に関する他の否定的な固定観念と同様に、真実ではない背後の一突き伝説は信じられていました。

2番目の傾向は次のようなものです。ボルシェビキ革命、ソビエト連邦の樹立、およびババリアとハンガリーでの共産主義独裁者による短期間の実験は、ヨーロッパ中だけでなく、米国大西洋岸の中流階級の人々を震え上がらせました。 革命政権でユダヤ人家系の共産主義者たち(ソ連のレオン・トロツキー、ハンガリーのベーラ・クン、ババリアのエルンスト・トルレル)が卓越していたことで、反ユダヤ主義者はユダヤ人が国際的共産主義を「本質的に」引き寄せていると確信したのです。

3番目の傾向は次のようなものです。戦争を開始したことへの非難と勝利者の被害を償わなければならないというヴェルサイユ条約の規定で表現された恥辱は、ドイツ、オーストリア、およびハンガリーの政治的スペクトラム全体に怒りと絶望を生みました。 極右派は、この怒りと絶望を政治的に利用しました。

第一次世界大戦後に表れ、古い偏見を故意に増殖させた、ユダヤ人の「振る舞い」に関する新しい固定観念の作り話には、次のようなものがありました。

1)ユダヤ人が戦争を始め、ヨーロッパを経済的かつ政治的に崩壊させたため、ヨーロッパはユダヤ人の「支配」に対して影響を受けやすくなりました。

2)ユダヤ人は自分たちの富のために戦争の惨めさを利用し、世界革命を目的にボルシェビキ革命を引き起こすまで戦争を長引かせた。

3)国を守ることに対するユダヤ人の持って生まれた臆病さと生来の不誠実さのため、ユダヤ人は有害な不安感に対する責任があり、戦っている軍隊を裏切った(つまり、軍隊の敗北、および民主主義と社会主義の革命の原因となった)。

4)海外のユダヤ人は、和平交渉を牛耳ってドイツとハンガリーを人工的な国境で分断することに成功し、その協力する陰謀者たち(国内のユダヤ人)は国を「降伏」および永続的な「奴隷状態」へと導いた。

5)ユダヤ人は、自分たちの利益のため、賠償体制の複雑な財務を管理した。

6)ユダヤ人は、立憲主義的民主主義の形成を利用して影響力に抵抗する国の政治的意志を弱らせ、異民族間結婚、性的自由、異人種間結婚を促進することによって優れているアーリア人の血筋を破滅させた。