<p>Jews from <a href="/narrative/10727/ja">Subcarpathian Rus</a> get off the deportation train and assemble on the ramp at the <a href="/narrative/3673/ja">Auschwitz-Birkenau</a> killing center in occupied Poland. May 1944. </p>

ホロコーストについて

ホロコーストについて - ストについて — 写真 ホロコーストとは、ナチス政権とその協力者による約600万人のユダヤ人の組織的、官僚的、国家的な迫害および殺戮を意味します。 「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味のギリシャ語を語源とする言葉です。 1933年1月にドイツで政権を握ったナチスは、ドイツ人を「優れた人種」であると信じる一方、ユダヤ人を「劣った人種」であると見なし、いわゆるゲルマン民族のコミュニティに対する他民族による脅威であると考えました。

また、ホロコーストの時代、ロマ族(ジプシー)、身体障害者、一部のスラブ民族(ポーランド人やロシア人など)も「劣った民族」であると見なし、迫害の対象としました。 また、共産主義者、社会主義者、エホバの証人、同性愛者など、政治的、思想的、行動的な理由から迫害された人々もいました。

ホロコーストとは

1933年のヨーロッパにおけるユダヤ人の人口は900万人を超えていました。 そのほとんどは第二次世界大戦中にナチスドイツが占領した、あるいは影響を与えた国に住んでいました。 1945年までにドイツ軍とその協力者は、ヨーロッパのユダヤ人を殺害するというナチスの政策「最終的解決」の一環として、ヨーロッパ在住ユダヤ人の3人に2人を殺害したのです。 ドイツにとって最大の敵と見なされたユダヤ人がナチスの人種差別の主な犠牲者でしたが、その他の犠牲者には約20万人のロマ族(ジプシー)などがいました。 また、施設に収容されていた少なくとも20万人の精神障害者や身体障害者(ほとんどがドイツ人)が、安楽死プログラムの名のもとに殺害されました。

ナチスの圧政がヨーロッパ全土に広がるにつれて、ドイツ軍とその協力者による迫害や殺害の犠牲となったのは何百万人にも及びました。 200万人から300万人ものソビエト人捕虜が殺害され、または飢餓、病気、放置、虐待などで死亡しました。 ドイツ軍は非ユダヤ系ポーランド人の知識層も殺害の対象とし、数百万人のポーランド市民やソビエト市民をドイツや占領下ポーランドでの強制労働に送り込みました。これらの人々は悲惨な条件で働かされ、しばしば死に至りました。 ナチス政権の初期から、ドイツ当局は同性愛者やナチスの社会規範に一致しない行動を取る人々を迫害していました。 ドイツの警察官は数千人に及ぶ政治的敵対者(共産主義者、社会主義者、労働組合員など)や宗教的異分子(エホバの証人など)を検挙しました。 これらの多くは監禁と虐待のため死亡しました。

「最終的解決」の実施

ナチス政権の初期に、政治的、思想的な敵対者と、敵対者になりうる者を拘留するための強制収容所が設立されました。 戦争勃発前の数年間、親衛隊と警察当局はユダヤ人やロマ族、その他の民族的および人種的な嫌悪の対象者をこれらの収容所に監禁しました。 ユダヤ人を1か所に集めて監視し、後の移送を容易にするために、戦時中にドイツ軍とその協力者はゲットー、通過収容所、強制労働収容所を建設しました。 また、ドイツ当局は非ユダヤ系民族を搾取するための強制労働収容所を大ドイツ帝国やドイツ占領下の領土に多数建設しました。

1941年6月のソ連進攻後には、アインザッツグルッペンと呼ばれる移動虐殺部隊、そして後には武装した治安警察部隊がドイツ軍前線の後に続いて移動し、ユダヤ人、ロマ族、ソ連当局者および共産党員に対する大量殺戮作戦を実行しました。 ドイツの親衛隊と警察部隊はドイツ国防軍と武装親衛隊の協力を受け、100万人以上のユダヤ人男性、女性、子供を殺害し、その他にも数十万人を殺害したのです。 1941年から1944年にかけて、ナチスドイツ当局は数百万人のユダヤ人をドイツ、占領地区、多くの枢軸国からゲットーや絶滅収容所に移送し、そこで特別に開発されたガス施設にて彼らを殺害しました。

ホロコーストの終了

連合国軍による囚人の大量解放を避けるために、戦争終了間際の数か月間、ナチス親衛隊は列車や「死の行進」と呼ばれる徒歩行軍で収容所の囚人を移動させました。 連合国軍はヨーロッパ全土に進軍してドイツに対する一連の攻撃を行うにつれて、各地で強制収容所に遭遇したり、強行軍で他の収容所に歩かされている囚人を見つけ、これらの人々を解放しました。 こうした死の行進は、1945年5月7日にドイツ軍が連合国軍に対して無条件降伏するまで続きました。 西側の連合国にとって、第二次世界大戦がヨーロッパで正式に終結したのは、翌日の5月8日(欧州戦線勝利日)でした。ソ連軍は1945年5月9日を「勝利の日」としています。

ホロコーストの余波で、生存者の多くは連合国軍が管理する難民キャンプに避難しました。 ヨーロッパで難民となった136,000人のユダヤ人も含め、1948年から1951年までの間に70万人近いユダヤ人がイスラエルに移住しました。 その他のユダヤ人難民は米国やその他の国々に移住しました。 最後の難民キャンプが閉鎖されたのは1957年でした。ホロコースト時代に行われたナチスの犯罪により、ヨーロッパのユダヤ人コミュニティは大きな打撃を受け、東ヨーロッパのドイツ占領下にあった数百に及ぶユダヤ人コミュニティは壊滅しました。

ホロコーストについて - ストについて — IDカード/証言者の歴史

参考文献

Bergen, Doris. War & Genocide: A Concise History of the Holocaust. Lanham, MD: Rowman & Littlefield, 2003

Dawidowicz, Lucy S. The War Against the Jews, 1933-1945. New York: Holt, Rinehart, and Winston, 1975.

Gilbert, Martin. The Holocaust: A History of the Jews of Europe During the Second World War. New York: Holt, Rinehart, and Winston, 1986.

Gutman, Israel, editor. Encyclopedia of the Holocaust. New York: Macmillan Publishing Company, 1990.

Hilberg, Raul. The Destruction of the European Jews. New Haven, CT: Yale University Press, 2003.

Yahil, Leni. The Holocaust: The Fate of European Jewry, 1932-1945. New York: Oxford University Press, 1990.