A transport of Jewish prisoners marches through the snow from the Bauschovitz train station to Theresienstadt. [LCID: 69720]

歴史映画の場面

| Displaying results 1-25 of 78 for "歴史映画の場面" |

  • 1936年夏期オリンピックの開会式

    歴史映画の場面

    1933年、ナチ党のリーダーであるアドルフ・ヒトラーはドイツの首相となり、ドイツの脆弱な民主政治を1党の独裁政権へとまたたく間に変貌させていきました。 警察は数千人の政治反対者を一斉検挙し、裁判なしに彼らを強制収容所に拘置しました。 さらにナチス政権は、ドイツの「アーリア人」人種を「純血化」し、強化する目的の人種政策を実施していきました。 容赦ない作戦により、ドイツに住む50万人のユダヤ人は、ドイツのあらゆる生活から除外され始めたのです。 1936年8月の2週間にわたり、ベルリンでは夏季オリンピック大会を開催していた間、アドルフ・ヒトラーは反ユダヤ主義と拡大主義の政策を隠そうとしました。 オリンピックのためにドイツに来た多くの外国人訪問者を印象付けるために、ヒトラーは反ユダヤ活動を一時的に緩和することを許可しました(公衆の場へのユダヤ人の立ち入りを禁止する看板さえ取り除きました)。 オリンピック大会ではナチスのプロパガンダは大きな成功を収めました。 彼らは平和で寛容なドイツのイメージを外国の観客に印象付けたのです。 ここではヒトラーが正式にベルリンの1936年夏季オリンピック大会の開会宣言を行います。 新しいオリンピックの儀式にのっとり、古代オリンピックの開催地であるギリシャのオリンピアからリレーにより運ばれてきた聖火を持つ一人のランナーが到着しました。

    1936年夏期オリンピックの開会式
  • 「ナチ計画」: ヒトラーの側近たち

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。「ヒトラーが爆発計画を逃れた後の会議 1944年7月20日」と題されたこのフィルム映像は、ニュルンベルクの検事たちが、国際軍事裁判の被告人たちがヒトラーの最も近い側近たちだったことを示すために用いたものです。

    「ナチ計画」: ヒトラーの側近たち
  • 「ナチ計画」: ユダヤ人の絶滅

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。この「戦争が起こった場合、ヨーロッパのユダヤ人が絶滅することをヒトラーは予想していた」と題されたフィルム映像には、1939年1月30日にドイツの議会でヒトラーが行ったスピーチがおさめられています。

    「ナチ計画」: ユダヤ人の絶滅
  • 「ナチ計画」: 反ユダヤ主義運動

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。このフィルム映像は、「1933年4月1日 公式の反ユダヤ主義運動の幕開け」と題されています。

    「ナチ計画」: 反ユダヤ主義運動
  • 「ナチ計画」: 焚書

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。このフィルム映像は、「焚書 1933年5月10日」と題されています。

    タグ: 焚書
    「ナチ計画」: 焚書
  • 「ナチ計画」: 第7回党大会 1935年

    歴史映画の場面

    フィルム映像の「ナチ計画」は、1945年12月11日にニュルンベルクの国際軍事裁判において証拠として提出されました。バッド・シュルバーグ氏と米軍の関係者たちによって、海軍司令官ジェームス・ドノバンの監督のもと、裁判のために編集されたものです。編集者たちは、公式のニュース映画などドイツの資料のみを使用しました。「第7回党大会 1935年9月10-16日」と題されたこのフィルム映像では、ヘルマン・ゲーリングが厳しい人種差別法を発表しています。

    「ナチ計画」: 第7回党大会 1935年
  • アインザッツグルッペン裁判: ジャクソン裁判官がガストラック使用の詳細を述べる

    歴史映画の場面

    ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦犯の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 この映像は、ニュルンベルグ裁判における米国の検事長であった米国最高裁判所のロバート・ジャクソン裁判官が、ソ連へのドイツの侵略中にユダヤ人をはじめとする人々を殺害する目的でアインザッツグルッペンがガストラックを使用したことを述べた冒頭陳述を示しています。

    アインザッツグルッペン裁判: ジャクソン裁判官がガストラック使用の詳細を述べる
  • アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がアインザッツグルッペンの隊員に対する訴訟を開始する

    歴史映画の場面

    ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦争犯罪人の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。 ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 この映像は、米国の検察官ベン・フェレンスがこの訴訟の冒頭陳述において裁判の目的を述べている様子を示しています。

    アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がアインザッツグルッペンの隊員に対する訴訟を開始する
  • アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がジェノサイドの有罪を証明する

    歴史映画の場面

    ニュルンベルグの国際軍事裁判で主要戦争犯罪人の裁判が行われた後、米国はニュルンベルグにて他の一連の戦犯裁判を行いました。これはニュルンベルグ継続裁判と呼ばれています。 ニュルンベルグの米国軍事法廷で行われた第9裁判では、東側前線のユダヤ人をはじめとする人々を殺害する任務を与えられたアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)の隊員に焦点が当てられました。 検察当局の冒頭陳述を示したこの映像では、米国の検察官ベン・フェレンスが、戦争犯罪と人道に対する犯罪との違いについて説明しています。 その課程において、フェレンスはジェノサイドの有罪を証明します。

    アインザッツグルッペン裁判: 米国検察当局がジェノサイドの有罪を証明する
  • アインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)

    歴史映画の場面

    ドイツの移動虐殺部隊(アインザッツグルッペン)は、第二次世界大戦中、東ヨーロッパのドイツ占領地区で活動していました。 この珍しい映像は、ラトビアのリエパーヤで繰り広げられた移動虐殺部隊による大量殺人を示しています。 この映像は、命令に反してドイツ人兵士が収録したものです。 戦前のリエパーヤのユダヤ人住民は、7,000人を超えていました。 ドイツの移動虐殺部隊はこの町のほとんどのユダヤ人を射殺したのです。 ソ連軍が1945年にこの町を解放したとき、残っていたユダヤ人はわずか20〜30人にすぎませんでした。

    アインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)
  • アウシュビッツの解放

    歴史映画の場面

    ソ連軍は、1945年1月にアウシュビッツ絶滅収容所に入り、病気にかかり衰弱した何千人もの囚人を解放しました。このソ連軍の映像は、同収容所が解放された直後に撮影されたものです。避妊手術、薬物注入、皮膚移植実験の対象となった被害者の診察をソ連の医師が行っている様子が映っています。

    アウシュビッツの解放
  • アウシュビッツの解放

    歴史映画の場面

    ソ連軍は、1945年1月27日にポーランドのアウシュビッツ強制収容所に足を踏み入れました。このソ連軍の映像は、ソ連軍によってアウシュビッツで解放された子供たちを示しています。 この強制収容所の数年にわたる運営中、アウシュビッツの多くの子供たちはナチの医師、ヨーゼフ・メンゲレによる人体実験の対象となっていました。

    アウシュビッツの解放
  • アウシュビッツの解放

    歴史映画の場面

    アウシュビッツ収容所に到着した犠牲者たちは、すべての所持品を手渡すように強制されました。 収容者の所持品は、定期的に梱包され、ドイツに輸送されて、市民に配給されたか、ドイツの産業のために使用されました。 アウシュビッツ収容所は1945年1月に解放されました。このソ連軍の映像は、アウシュビッツ絶滅収容所に移送された人々の所持品を市民やソ連軍の兵士たちがより分けている様子を示しています。

    アウシュビッツの解放
  • アメリカ人検察官ジャクソン

    歴史映画の場面

    1945年夏、戦勝した連合国(アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ソビエト連邦)の代表者が国際軍事裁判の基礎作りを議論するため、ロンドンに集結しました。議題は、このような裁判を行う方法と場所、犯罪の罪状は何か、そして起訴されるべき被告人は誰かを決定することでした。ハリー・S・トルーマン米大統領は、米国代表兼主任検事として最高裁判所判事ロバート・H.・ジャクソンを指名する行政命令を出しました。この動画には、国際軍事裁判におけるジャクソンの冒頭陳述の一部が記録されています。

    アメリカ人検察官ジャクソン
  • イギリス人検事ショークロス

    歴史映画の場面

    国際軍事裁判において最終弁論を行うイギリスの主席検事ハートリー・ショークロス卿。

    イギリス人検事ショークロス
  • ウーチのゲットー

    歴史映画の場面

    ドイツ軍は、1939年9月にポーランドのウーチを占領しました。1940年2月前半以降、ウーチのユダヤ人は、指定されたゲットー地区に強制的に移動させられ、この地区は1940年4月30日に封鎖されました。このドイツの映像は、ウーチのゲットーにおける冬の状況を示しています。 ゲットーの冬は、それまでの苦難をさらに悪化させ、すでに欠乏していた食料や燃料は枯渇していました。

    タグ: ゲットー
    ウーチのゲットー
  • エビアン会議が難民の援助に失敗する

    歴史映画の場面

    1938年7月6日〜15日の期間、ユダヤ人難民問題について話し合うために32か国の代表者がフランス、エビアン市のローヤル・ホテルに集結しました。 難民はドイツでのナチスによる迫害から逃れようと必死になっていましたが、他国での定住許可なしに自国を去ることはできませんでした。 しかしエビアン会議が終わっても、大半の参加国の移民方針はほとんど変更されませんでした。 主要国である米国、イギリス、およびフランスは、無制限の移住に反対し、ドイツのユダヤ人難民問題の緩和に対して公式な措置を講じる意向がないことを明らかにしました。

    エビアン会議が難民の援助に失敗する
  • オーストリアの難民キャンプ

    歴史映画の場面

    第二次世界大戦後、連合国は数百万人の難民(DP)を祖国に帰還させました。 しかし、25万人を超えるユダヤ人難民を含む数十万人の人々は、祖国に戻ることができないか、戻ることを拒みました。 ほとんどのユダヤ人難民は、ヨーロッパを離れてパレスチナか米国に向かうことを望みました。 連合国救済復興機関(UNRRA)は、彼らが再び定住するまでの間、これらの人々を占領下のドイツおよびオーストリアのキャンプに収容しました。 これらのキャンプにおいて、ユダヤ人難民たちは子供を育てながら、最後の目的地であるパレスチナへの移住準備を進めていました。

    オーストリアの難民キャンプ
  • キェルツェのポグロムの余波

    歴史映画の場面

    ポグロムは、1946年7月にポーランドのキェルツェで発生しました。この事件で42人のユダヤ人が殺害され、約50人が負傷しました。 この事件はポーランド、および東ヨーロッパ、中央ヨーロッパ諸国の数十万のユダヤ人の大量移住のきっかけとなりました。 この短い映像は、ポグロムの生存者であるユダヤ人難民が、ポーランドを去り、チェコスロバキアに渡ろうとしている様子を示しています。

    キェルツェのポグロムの余波
  • クラクフのゲットーへの移住

    歴史映画の場面

    ドイツ軍は、1939年9月にポーランドのクラクフを占領し、1941年3月にはクラクフにゲットーを設立することを命じました。 この映像は、ポーランドのユダヤ人がクラクフのゲットーに強制的に移住させられる様子を示しています。 彼らはこの町の残りの住民とユダヤ人を区別するために腕章を身に付けることを強いられました。 1941年後半までに、クラクフのゲットーには約18,000人のユダヤ人が収容されました。

    タグ: ゲットー
    クラクフのゲットーへの移住
  • クロアチアのファシスト指導者、アンテ・パヴェリッチ

    歴史映画の場面

    アンテ・パヴェリッチは、1941年から1945年までクロアチアでドイツを支持する政府を率いたクロアチアのファシスト指導者でした。撮られたドイツのニュース映画では、パヴェリッチが彼を崇拝する群衆の間を歩き、部隊を閲兵する様子が示されています。パヴェリッチの統治の下、クロアチア政府は何十万人ものセルビア人、ユダヤ人、ロマ族(ジプシー)を殺害しました。パヴェリッチは戦後アルゼンチンへ逃亡し、1959年に、その2年前の暗殺未遂で受けた怪我のため死亡しました。

    クロアチアのファシスト指導者、アンテ・パヴェリッチ
  • ゲッペルスがユダヤ人による文化の破壊を訴える

    歴史映画の場面

    この映像は、ナチスの宣伝および公教育大臣であるヨーゼフ・ゲッペルスが1935年9月にニュルンベルグで開催されたナチ党議会で行った演説を示しています。 この演説の中で、狂信的な反ユダヤ主義者であったゲッペルスは、ボリシェヴィキソ連共産主義を国際的なユダヤ人社会と関連付け、西洋文明を破壊する目的を持ったユダヤ人による国際的陰謀の疑惑をナチ党の党員に警告しました。 ゲッペルスはユダヤ教および他のいわゆる「反ドイツ主義」の影響をナチス・ドイツの文化機関から排除するための運動を先導していきました。

    ゲッペルスがユダヤ人による文化の破壊を訴える
  • ゲッペルスが先導する焚書

    歴史映画の場面

    「反ドイツ主義」と見なすものすべてを国から排除するために、ナチスはドイツ中の都市において公衆の面前で書籍を焼却していきました。 ベルリンのオペラハウス正面では、シュプレヒコールを唱える群衆がユダヤ人や左翼知識人たちの書いた書籍を焼却しています。 ヒトラーの宣伝および公共情報大臣であるヨーゼフ・ゲッペルスがドイツの計画的「再教育」について語ります。

    タグ: 焚書
    ゲッペルスが先導する焚書
  • スロベニアのロマ族(ジプシー)野営地

    歴史映画の場面

    1941年4月、ドイツと枢軸国はユーゴスラビアに侵攻しました。この映像は、おそらくドイツ軍が1943年のイタリア休戦後に、当時占領下だった南スロベニアで撮影したものです。第二次世界大戦後にウスタシャ(クロアチアのファシスト政党)の記録文書の中から発見され、占領された北ユーゴスラビアのロマ族(ジプシー)が苦しんだ悲惨な生活状況が収録されています。

    スロベニアのロマ族(ジプシー)野営地
  • ダッハウの解放

    歴史映画の場面

    ドイツのミュンヘン北西部にあるダッハウ強制収容所は、ナチスが1933年に設立した最初の常設強制収容所でした。約12年後の1945年4月29日に、米軍はこの収容所を解放しました。 このとき収容所には約30,000人の飢えた収容者が残っていました。 ここでは、第7米陸軍の兵士が収容所の状態を記録しています。 また、ドイツの市民にもこの収容所を見学させて、ナチスの残虐行為を彼らの目前に突きつけています。

    ダッハウの解放

Thank you for supporting our work

We would like to thank Crown Family Philanthropies and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.