<p>収容所の石切り場で石を積んだトロッコを引く女性囚人たち。 1944年、ポーランド、プワシュフ収容所。</p>

ホロコースト時代の女性たち

ナチス政権は、男女を問わずすべてのユダヤ人を迫害し、究極的には殺害の対象としました。 ナチス政権は、ユダヤ人とユダヤ人以外の女性に対して残酷な迫害を行いました。ときには女性だけを対象にした迫害もあったのです。 ナチスの思想はまた、ロマ族(ジプシー)の女性、ポーランド人女性、そして療養施設に入居していた心身障害を持つ女性を迫害の対象としました。

一部の強制収容所や、収容所内の一部の領域は、女性囚人専用となっていました。 1939年5月、女性用としては最大の規模を持つラーフェンスブリュック強制収容所が開設されました。 1945年にソ連軍によって解放されるまでに、10万人以上の女性がラーフェンスブリュックに投獄されました。1942年、親衛隊当局は、女性囚人を投獄するためにアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所(アウシュビッツ第2強制収容所としても知られる)の構内に刑務所を作りました。この収容所の最初の囚人となったのは、親衛隊によってラーフェンスブリュックから移送された囚人でした。 ベルゲン・ベルゼンでは、1944年に収容所当局によって女性用収容所が設置されました。親衛隊は、第二次世界大戦最後の年に、何千人ものユダヤ人女性をラーフェンスブリュックとアウシュビッツからベルゲン・ベンゼンの収容所に移送しました。

ドイツ人とその協力者は、大量殺戮作戦の実行においては、ユダヤ人であるかどうかにかかわらず、女性や子供も容赦しませんでした。 ナチスの思想は、年齢や性別にかかわらず全ユダヤ人の完全な絶滅を進めることでした。 親衛隊と警察当局は、「最終的解決」という暗号名の下にこの政策を実行しました。 ドイツ親衛隊員と警察官は、占領下のソ連領土内の何百もの拠点で行われた大量射殺作戦で、男女を問わず殺害しました。 移送作戦中、妊婦や幼児を持つ母親は常に「働くことができない」と見なされました。 これらの女性は絶滅収容所に送られ、収容所職員はガス室へ入る最初のグループにこれらの女性を含めたのです。

正統派ユダヤ教の衣服を着た人々は潜伏中に発見されやすく、特にポグロムのような活動で残忍な行為を受けたため、子連れの正統派ユダヤ教徒の女性は特に弱い立場にありました。 正統派ユダヤ教徒の家庭の数多くの子供たちもまた、これらの家庭の女性がナチス思想の特別な標的となる理由となりました。

非ユダヤ人女性もまた弱い立場にありました。 ナチスは、アウシュビッツ強制収容所でロマ族女性の大量殺戮を行い、T4作戦やその他の安楽死作戦で心身障害者女性を殺害し、また、1943年から1944年にかけて多くのソ連の村落でいわゆるパルチザンの男性と共に数多くの女性を殺害しました。

ゲットーや強制収容所では、ドイツ当局は、しばしば死につながるような環境で女性を強制労働に従事させました。 ドイツ人医師や医学研究者は、ユダヤ人やロマ族(ジプシー)の女性を不妊実験やその他の非倫理的な人体実験の被験者として使用しました。 収容所とゲットーの両方において、女性は特に暴力や強姦の被害に遭いました。 ユダヤ人の妊婦は、妊娠していることを隠そうとしました。妊娠が発覚すると、中絶を強制されたためです。 ポーランドやソ連から第三帝国での強制労働のために移送された女性は、しばしば殴られたり、強姦されたり、食べ物やその他必需品や基本的な生活品との引き換えに性関係の受け入れを強いられました。 ポーランド、ソ連、およびユーゴスラビアの女性強制労働者は、ドイツ人との性関係によって妊娠することが少なくありませんでした。 いわゆる「人種専門家」によって、生まれてくる子供の「ドイツ人化」が不可能と判断された場合、女性は堕胎を強制されるか、乳児の死亡が保証されるような環境にあるその場しのぎの託児所に送られて出産したり、または食べ物も医療手当もまったくなく出身地方へ送還されました。

強制収容所に投獄された多くの女性は、非公式の「相互援助」グループを作り、情報や食糧、衣服を共有して生き残ろうとしました。 このようなグループは、同じ都市や省の出身者や、似たような学歴や家族的なつながりを持つメンバーで構成されました。 その他の女性は、親衛隊によって衣服の修繕、料理、洗濯、清掃などの作業に派遣されたことで生き残りました。

女性は、さまざまなレジスタンス活動で重要な役割を果たしました。 特に社会主義、共産主義、またはシオニズムの青年行動に関与していた女性たちです。 ポーランドでは、女性はゲットーに情報をもたらす密使の役割を果たしました。 多くの女性はポーランド東部やソ連の森林地帯に逃亡し、武装パルチザン部隊に加わりました。 女性は、フランス人(およびフランス系ユダヤ人)のレジスタンスにおいても重要な役割を果たしました。 ミュンヘン大学の学生で、レジスタンスグループ「白バラ」のメンバーであったソフィー・ショールは、反ナチスのパンフレットを配布したことで、1943年2月に逮捕され、処刑されました。

ゲットーのレジスタンス組織のリーダーやメンバーになった女性もいました。 その中に、ビャウィストクのハイカ・グロスマンがいました。 強制収容所内部でレジスタンス活動をしていた女性もいました。 アウシュビッツでは、ヴィスワ・ユニオン・メタルワークスでの作業に派遣された5人のユダヤ人女性(アラ・ゲァトナー、レギーナ・サフィアシュタイン(別名サフィア)、エスタ・ヴァイスブルーム、ロザ・ロボタ、そして身元不明の女性(おそらくファイガ・セーガル)が、アウシュビッツ・ビルケナウのユダヤ特殊別動隊(ゾンダーコマンド)の隊員に火薬を調達し、これが1944年10月に起こった暴動中のガス室の爆破と、数人の親衛隊員の殺害に使用されました。

その他の女性は、ドイツ占領下のヨーロッパにいたユダヤ人の支援活動や救援活動に活発に取り組みました。 ユダヤ人落下傘部隊の隊員ハンナ・セネシュや、シオニスト活動家のギシ・フライシュマンなどでした。 セネシュは、1944年にハンガリーに落下傘で侵入しました。ブラチスラヴァのユダヤ人評議会の枠組みの中で運営されていた作業グループ(Pracovna Skupina)のリーダー、フライシュマンは、スロバキアからのユダヤ人移送の阻止を試みました。

ホロコースト時代には何百万人ものユダヤ人女性が迫害され、殺害されました。 しかし結局のところ、彼女たちは女性という性別ではなく、ナチスの人種差別階層や宗教的または政治的関係に基づいた分類によって標的とされたのです。