Members of the SS and police speak among themselves during a roll call at the Buchenwald concentration camp. [LCID: 13129]

執行者

親衛隊

ヨーロッパ在住ユダヤ人の殺害計画を意味する「最終的解決」に主として関わっていたのは、ナチス政権の精鋭護衛兵である親衛隊の隊員です。 親衛隊の指導者であるハインリヒ・ヒムラーと、その部下であるラインハルト・ハイドリヒやクルト・ダリューゲたちは、アドルフ・ヒトラーのもとで親衛隊および警察国家を確立し、政権の思想的な行動計画を実行に移しました。 その目的のために、親衛隊は数え切れないほどの大量殺戮を犯しました。

フリードリヒ・イェッケルンやハンス・アドルフ・プリュッツマンなどの親衛隊や警察の指揮官、アルトゥール・ネーベ、カール・イェーガー、ヴァルター・シュターレッカー、エミール・ラッシュ、オットー・オーレンドルフなどのアインザッツグルッペン(移動虐殺部隊)指揮官は、占領下のソ連の戦場で男性、女性、子供を残酷で組織的な方法で射殺しました。 占領下のポーランドでは、オディロ・グロボクニク、ヴィルヘルム・コッペ、クリスチャン・ヴィルト、フランツ・スタングル、オズヴァルト・ポール、リヒャルト・グリュックス、ルドルフ・ヘスなどの親衛隊員は、ガス室を備えた絶滅収容所を建設し、ベルトコンベア式の大量殺戮を行いました。

他の重要な参加者

しかし、このように非常に大規模な殺戮は、親衛隊だけでは実行できませんでした。 「最終的解決」の実現には、軍事官僚やドイツ人民間機関の協力と参加が必要でした。

大量移送作戦には、国家保安本部のアドルフ・アイヒマン、ドイツ国営鉄道のアルベルト・ガンゼンミュラー、ドイツ外務省のヨアヒム・フォン・リッベントロップの協力を必要としました。 占領下のポーランドとソ連における親衛隊の殺戮行為や大量移送は、ハンス・フランク、エーリヒ・コッホ、ヒンリヒ・ローゼなどのもとで民間占領機関の協力を必要としました。

ドイツ国防軍はヴィルヘルム・カイテルとアルフレート・ヨードルの指揮のもと、アインザッツグルッペンに輸送手段と補給品を提供しました。 ヴァルター・フォン・ライヒェナウやエーリッヒ・マンシュタインなどの軍事司令官の命令のもと、ドイツ国防軍はユダヤ人やその他のソ連市民、特にソ連軍捕虜の大量殺戮に加担しました。

ヴァルター・フンクが率いるドイツ帝国銀行は、略奪した貨幣や金の保管場所としての役割を果たし、親衛隊の殺戮作戦を資金面で支援しました。

ドイツ人医師をはじめとする医療専門家は、ナチスが提唱する「安楽死」プログラムを実施し、施設に収容されていた数万人の精神障害者や身体障害者を殺害しました。 また、非倫理的で残酷な人体実験を行い、絶滅収容所で誰が生き残り誰が死ぬかの「選別」を行った医師もいました。

グスタフ・クルップなどのドイツ人実業家やI.G.ファルベンとクルップなどのドイツ企業は、アルベルト・シュペーアとフリッツ・ザウケルの指示のもと、強制労働プログラムで駆り出された労働者を使用しました。 I.G.ファルベンの子会社は、ガス室での殺害に使われたツィクロンBガスを提供しました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.