詳細
写真

親衛隊人種及び移住本部(RuSHA)裁判で検察側承認として宣誓する15歳のマリア・ドレザロバ。

親衛隊人種及び移住本部(RuSHA)裁判で検察側承認として宣誓する15歳のマリア・ドレザロバ。 ドレザロバは、ドイツ軍がチェコスロバキアのリディツェの町を破壊した後に拉致した子供たちの1人でした。 1947年10月30日、ニュルンベルク。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Fifteen-year-old Maria Dolezalova is sworn in as a prosecution witness at the RuSHA Trial. [LCID: 07341]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.