Poster for Nazi Party speech on Jewish Bolshevik threat

反ユダヤ主義の歴史: ナチスの反ユダヤ主義

1930年代の経済不況を背景に、人種差別者だけでなく古い社会的、経済的、宗教的イメージを利用して、ナチ党は人気を博していきました。政権を握ってからは、ドイツ国民が直面するさまざまな政治的、社会的、経済的、倫理的問題の原因を「ユダヤ人」のせいにすることで、一部の合法性をも獲得していきます。

人種的争いに関するアドルフ・ヒトラーの理論とドイツの代償を払って生き延び、種を繁栄させようとしているユダヤ人の「目的」に影響されたナチスは、1933年から1938年まで政権を握り、反ユダヤ主義のボイコットを指示し、儀式的な焚書を行い、反ユダヤ人主義の法律を成立させました。 1935年、ニュルンベルク法は、ユダヤ人を血筋により人種的に定義し、「アーリア人」と「非アーリア人」との間の徹底的な区別を強制しました。 1938年11月9日、ナチスによってドイツとオーストリア全土のシナゴーグとユダヤ人所有の店舗の窓が破壊されました(水晶の夜)。 これらの行動は、ドイツ人およびオーストリア人から法的かつ社会的にユダヤ人を分離することが目的でした。

水晶の夜、1939年の第二次世界大戦の開戦、1941年のソ連進攻は、殺戮の時代への移行として位置付けられ、ナチスの反ユダヤ主義の焦点はジェノサイドという単一の目的に絞られました。 ドイツとヨーロッパで、ユダヤ人の殺害の犯人とその傍観者を正当化するため、ナチスは人種差別的議論だけでなく、古くて否定的な固定観念を利用しました。この固定観念には、ユダヤ人は共産主義の破壊分子であり、戦争から利益を得てそれを貯め込み、ドイツに対して本質的に不誠実で敵対するため、国家保安の危険因子である、などがありました。