<p>人種理論に関する講義を受けるドイツ人。 ドイツ、日付不明。</p>

ナチスの人種差別主義

ナチスの人種差別主義 ドイツの首相に就任する何年か前から、アドルフ・ヒトラーは人種主義に取り付かれていました。ヒトラーはスピーチや文章によって、人種的「純度」および「ゲルマン民族」(彼が言う「支配民族」アーリア人)の優位性という彼の信念を広めました。彼は、いつか世界を制覇するためには人種の純度を保たなければならないと断言しました。ヒトラーにとって理想的な「アーリア人」とは、金髪で目は青く背が高いことでした。

ヒトラーとナチスが権力を握ったとき、これらの信念は政府の思想となり、ポスター、ラジオ、映画、教室、新聞で公に表示されました。ナチスは、劣性人種の繁殖を制限することで人類を改善できると信じているドイツの科学者の支援によって、この思想を実行に移し始めました。1933年、ドイツの医師は強制断種手術を行うことが許可され、手術により犠牲者は子供が生めなくなりました。この公共プログラムの標的は、ロマ族(ジプシー)、ドイツの約3万人の少数民族、そして精神障害者と先天性の聾唖者や盲目者などの身体障害者でした。約500人のアフリカ系ドイツ人の子供たちも犠牲になりました。この子供たちは、ドイツ人の母親と、第一次世界大戦後にドイツのラインラント地方を占領した連合国軍隊のアフリカ植民地の兵士との子孫でした。

ヒトラーと他のナチスの指導者たちは、ユダヤ人を宗教的なグループではなく有害な「人種」とし、他の人種に「寄生して」その人種を弱らせる者として捉えました。ヒトラーが権力を掌握した後、ナチスの教師たちは学校の教室で人種の科学的「原理」を適用し始めました。彼らは、生徒が真の「アーリア人種」に属しているかどうかを判断するために、頭蓋骨の大きさと鼻の長さを測定し、生徒の髪や目の色を記録しました。ユダヤ人とロマ族(ジプシー)の生徒は、その過程でしばしば屈辱を受けました。

重要な日付

1920年2月24日
ナチスの政治目標の概要

のちにナチ党と呼ばれるドイツ労働者党の最初の公開会議が、ドイツのミュンヘンで行われます。アドルフ・ヒトラーは、党の政治目標をまとめた「25か条綱領」を発行します。この党綱領は、人種差別を具体化するものです。これはドイツにおける人種的な純度を要求し、劣性民族を支配するドイツの運命を明白に示し、人種の敵としてユダヤ人を特定するものです。第4条には「ユダヤ人は国家の構成員たりえない」とまとめてあります。

1925年7月18日
「Mein Kampf(我が闘争)」の上巻刊行

アドルフ・ヒトラーは1923年に権力の掌握に失敗し、国家反逆罪で刑務所にいる間に「我が闘争」を書きました。ヒトラーは「我が闘争」で彼の人種についての考えをまとめました。ヒトラーは歴史を、生活圏を求める人種間の闘争として捉えました。彼はドイツの利益のために、スラブ民族を奴隷化する東方での征服戦争を想定していました。彼はユダヤ人を、「民族純化」を破壊するために国家内で作業に従事する絶対的な悪と信じました。彼はドイツからのユダヤ人の「排除」を主張しました。

1933年7月14日
ナチス国家による民族純化法の制定

アドルフ・ヒトラーは、民族純化のためには人間の繁殖に国の規制が必要であると信じ、遺伝性疾患を持つ子孫の誕生を阻止するための法律を作ります。他の規定での主要な禁止事項として、身体又は精神に障害のある個人が子供を作ることを好ましくないとし、断種手術を強制的に義務付けます。この法律は、その後18か月間にわたって約40万人に適用されます。