反ユダヤ主義の歴史: 近代、1300年〜1800年

特に19世紀の啓蒙の時代の後、反ユダヤ主義は、文化的、知識的、政治的な新しい現実が反映された方向に変化しました。 ヨーロッパの近代初期の数世紀に、ユダヤ人は中央ヨーロッパと東ヨーロッパに定住するよう促されました。時には、追放された後に、一定の許可と保護、そして住居と職業の制限を受けて西ヨーロッパに戻るよう求められました。

近代の支配者と土地所有貴族たちは、管理や商業に関する仕事を自分たちで行う能力も意向もなかったため、彼らの「保護」のもとでユダヤ人にこれらの仕事を行うことを許可し、推奨しました。 カトリック教とギリシャ正教の教会は、高利貸し(高い利子でお金を貸すこと)を禁止し、ビジネスを行うことを不道徳と見なしてさげすむ傾向にあったため、ユダヤ人は大多数のキリスト教徒にとって金貸しという欠かせない(しかし評判の良くない)役割を担うようになりました。

ユダヤ人は商業、運送、製造、金融、手工業のほか、芸術、音楽、文学、演劇、ジャーナリズムなど、自由な職業に従事することを許されました。 また、ユダヤ人は不動産管理者や税務署職員として働くことも許されました。 一部のユダヤ人の個人や家族はビジネスに成功していたため、目立っていました。 大部分のユダヤ人は地元市場で商業や手工業に従事し、多くの場合、その街に住み彼らの商品を購入する農民たちと同じように貧しい暮らしをしていました。

一方、中央および東ヨーロッパの支配者たちは、ユダヤ人住民に対して彼らがキリスト教(カトリック、ギリシャ正教、または16世紀の宗教改革後はプロテスタント宗派のいずれか)に改宗しない限り、土地を所有すること、軍の職員として働くこと、国務の役職を持つことを禁じました。 絶対主義的な支配者が16世紀から18世紀にかけて国々を統合し、19世紀にはアイデンティティの基準として国家への忠誠が宗教的な告白と張り合うようになっていきました。 さまざまな制限に耐え続けていたユダヤ人は、近代の中央および東ヨーロッパの「高貴な」職業(土地所有貴族、兵役、国務など)に対する一般的な考えとは馴染みませんでした。

中央および東ヨーロッパのギルドは、ユダヤ人の手工業職人が(改宗しないかぎり)ギルド会員になることをますます拒否し、ユダヤ人は小規模製造業からはじき出されるようになっていきました。 ユダヤ人に対するこれらの特別な許可と制限により発展または強化された固定観念には、1)ユダヤ人はよく働くことも自分たちの手で商品を生み出すこともしない、2)ユダヤ人はキリスト教徒を騙して欺くスキル、欲望、そして欲求があるため、お金のために働き、自分たちが生産していない商品を取引している、3)ユダヤ人は正々堂々と戦うことができない臆病者なので兵役を避けている、4)ユダヤ人は難しくて創造性のある仕事より、意味のない学問やくだらないエンターテイメントを好む、5)ユダヤ人は物質的な利益を得るためにキリスト教に改宗しているため、不誠実で潜在的に不忠である、といったものがありました。