<p>『The Secrets of the Wise Men of Zion』は、ロシア国外で発行された確認済みの『シオン賢者の議定書』の初版。1920年、ドイツ、シャルロッテンブルクにて出版。</p>

反ユダヤ主義の歴史: 民族主義の時代、1800年〜1918年

18世紀の英国で始まり、ロシアのボルシェビキ革命とバルカン半島のオスマン帝国の崩壊で締めくくられた時代、ヨーロッパ各国では、法の下の平等の原則に基づく憲法を制定し、ユダヤ人や、その他の国内の少数派、および宗教上の少数派に対する住居や職業のすべての制限が解除されました。 同時期に、ヨーロッパ社会では急速な経済的変化と社会的混乱が起こりました。 ユダヤ人は社会的制限から解放されたことで、ユダヤ人以外のコミュニティに住み、働くことができましたが、また新しい形の政治的反ユダヤ主義にさらされることになりました。 この時代の反ユダヤ主義は、非宗教的で社会的なものであり、経済的な思惑の影響を受けていましたが、伝統的な宗教上の固定観念の強い影響を受け、そして宗教上の固定概念に影響を与えました。

ユダヤ人は制限から解放されたことで自分たちの土地を得て、行政職に参入し、軍事職に携わることが可能になりました。 特に、時代に置いて行かれたと感じていたり、変化に精神的衝撃を受けていたり、理想に対して職業的な満足感や経済的な安心感を得ることができない人々は、ユダヤ人以外のキリスト教徒のために伝統的に確保されてきた職業がユダヤ人によって乗っ取られているという印象を持つようになりました。 同時に、19世紀後半の未来志向の職業(金融、銀行、貿易、工業、医療、法律、ジャーナリズム、芸術、音楽、文学、演劇)にユダヤ人が多すぎるといった印象を持つ人々もいました。

政治的な能動主義の抑制の崩壊と、宗教ではなく市民権に基づいた選挙権の広がりは、ユダヤ人による政治的な活動への参加を促しました。 ユダヤ人は政治的スペクトラムでの活動を通じて、政治へ参加する機会が増加したため、自由主義、急進主義、マルクス主義(社会民主主義)の政党の中でも最も目立つ存在になっていきました。

世界的な義務教育の導入と普通選挙権に向かう選挙権の広がりにより、反ユダヤ主義政党の発展が促され、既存の政党は投票数を稼ぐために反ユダヤ主義な弁論を利用しました。 1905年にロシアで発行された「シオン賢者の議定書」などの出版物により、ユダヤ人による国際的陰謀という欺瞞的な憶測が支持されるようになりました。

国家的同一性とナショナリズムの気運により宗教的な告白がヨーロッパの政治文化に浸透していくと、古い偏見によって新しい固定観念が強化され、また新しい固定観念によって古い偏見が強化され、反ユダヤ主義的な政治が勢いづきました。これらの偏見には、1)市民権を享受しているユダヤ人は密かに不誠実であり、彼らの「改宗」の理由は物質的利益のためだけである、2)ユダヤ人は伝統的に「高貴な」職業や活動(土地所有、警察、公務員、教職、大学進学など)からユダヤ人以外を閉め出している一方で、国家の将来的発展(工業、貿易、金融、エンターテイメント産業など)を管理および代表する職業へのユダヤ人以外の参入を「排他的」に妨げている、3)ユダヤ人はメディアを不当に制御し、「国家」の真の関心や繁栄を間違った方向へと導いている、4)ユダヤ人は社会民主主義(後の共産主義活動)のリーダーシップを担っており、国家、宗教、そして私的財産に関する中流階級の価値を台無しにしている、というものがありました。

ヨーロッパ各国で、これらの偏見は、政治的、社会的、経済的な現実との関連性がほとんどなかったにもかかわらず、政治的な意味合いに惹きつけられた人々は偏見と現実の関連性を問題にはしませんでした。