<p>ナチスの人種図。1935年〜1945年、 ドイツ。</p>

反ユダヤ主義の歴史: 人種的反ユダヤ主義、1875年〜1945年

19世紀の最後の3分の1の期間は、技術的進歩と科学的知識(特に人間に関する生物学、心理学、遺伝学、進化論)の発展があり、一部の知識人や政治家はユダヤ人に対する人種差別的な認識を深めていきました。 この見識は、「人種」の「不平等」と、他の「人種」に対して主張された「白人」の「優位性」の概念に基づき、世界的に広まった人種差別的見解の中で発展していきました。

「白人」の優位性の信念は、アメリカ、アジア、およびアフリカの原住民とヨーロッパ諸国の入植征服者の接触によって触発および強化され、「社会ダーウィン主義」として知られる進化論の曲解による疑似科学として強調されました。 「社会ダーウィン主義」は、人類は単一の種ではなく、自分の種が生き残るために互いに競争するよう生物的に定められた、いくつかの異なる「人種」に分かれるという想定を行いました。 優位な質を持つ人種のみが、力と戦争により行われるこの永遠の競争に打ち勝つことができるというものでした。 社会ダーウィン主義は常に、偽りの科学の産物です。今日まで人種差別者が科学的根拠を探求してきた1世紀半の時間を過ぎても、社会ダーウィン主義の理念を裏付ける生物科学的根拠は存在しません。

これらの新しい「反ユダヤ主義者」(反ユダヤ主義者が自らをこう呼んだ)は、ユダヤ人は太古の昔から継承された人種的素質のため、その振る舞いは変わりはしないという古い固定観念を引き出しました。 また彼らは、人種差別的優生学の疑似科学に基づいて、ユダヤ人は政治的、経済的、およびメディア的手段だけでなく実際にも、純粋なアーリア人の血筋を人種間の結婚およびユダヤ人以外との性的関係によって「汚染」することで、中央ヨーロッパの国々に有害な影響を与え、これらの国々を弱らせていると論じました。 ユダヤ人は、故意にこれらのことを行い、生物学的に定められた世界支配に対する「ユダヤ人の欲望」に、ドイツ人や、フランス人、ハンガリー人が抵抗する意志と能力を搾り取っていると論議しました。

世俗の人種差別者は、宗教的なイメージと固定観念を利用して、遺伝子的にユダヤ人の「振る舞い」を定義し、ユダヤ人の「特性」は世代から世代へと受け継がれていくと主張しました。 「ユダヤ人」は宗教的グループを形成しませんでしたが、人種的に区別され、個々のユダヤ人がキリスト教徒へと改宗しても人種的に「ユダヤ人」であることに変わりはないため、本質的に不誠実な改宗であると見なされました。

19世紀後半のドイツとオーストリアの政治家は、伝統的な反ユダヤ主義と人種的な反ユダヤ主義の両方を利用して、拡大した有権者の票数を稼ごうとしました。 1920年代のアドルフ・ヒトラーの著書で、彼の政治への独自のアプローチに最も影響を与えた2人のオーストリア人政治家は、ゲオルグ・フォン・シェーネラー(1842年〜1921年)とカール・ルエーガー(1844年〜1910年)であると述べていました。 シェーネラーは、1880年代と1890年代のオーストリアの政治に人種差別的かつ反ユダヤ主義的スタイルと内容を広めました。 ルエーガーは、彼にとって主な政治的道具であった反ユダヤ主義的な弁論だけでなく、彼の弁論スキルと大衆主義的カリスマ性によりオーストリアのウイーン市長として1897年に当選し、彼のメッセージは各階級の多くの人々に広まっていきました。