証言者の歴史

マドレーヌ・ドイチュ

マドレーヌは1938〜1939年の期間、ハンガリーによって併合されたチェコスロバキアの地区の中流家庭に生まれました。父は在宅で仕事をし、母は専業主婦でした。 マドレーヌは高校に通っていました。 1944年4月に彼女の家族はハンガリーのゲットーに強制的に収容されました。 家族は2週間ゲットーで過ごした後、アウシュビッツに移送されました。 マドレーヌと母は、父や兄と離ればなれにさせられました。 父も兄も、戦争を生き延びることはできませんでした。 アウシュビッツに到着してから1週間後、マドレーヌと母はブレスラウにある軍需工場での労働に駆り出されました。 2人はグロース・ローゼンにあるペーテルスヴァルダウ補助収容所に1年間収容された後、1945年5月にソ連軍によって解放されました。マドレーヌと母は、米国へのビザが発行されるのを待つ間、ミュンヘンの難民キャンプに暮らしていました。 2人は1949年3月にニューヨークに到着しました。

謄本

私の母は、驚くべき女性でした。 彼女は43歳でした。 私が生き延びることができたのは、母のおかげです。私は知らなかったのですが、母はひとかたまりのパンを私から取り上げてその日の糧とし、私に数時間おきに少しずつパンを与え、体力が持続するようにしてくれたのです。母は私に与えられたパンだけでなく、私にわからないように、自分のパンも私のために残して、私が少しでも多くのものを食べて生き延びられるようにしてくれたのです。 どれだけの間その状態が続くのかわからず、翌日または1時間先に何が起こるのかもわかりませんでした。 でも母は自分のパンの一部を私に分けてくれていたのです。母がそうしてくれていたことは、戦争が終わった後で初めて知ったのです。 母はどのようにしてでも与え続けて、私を守ってくれました。そして、行進中、雨の日も雪の日も寒い日も、私を庇ってくれたのです。 私たちが持っていたものは、1着のグレーのワンピースだけでした。


  • US Holocaust Memorial Museum Collection
詳細

このページは次の外国語からも入手出来ます

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.