詳細
アーティファクト

ポーランド系ユダヤ人難民がビルナ地区に持ち込んだ燭台

ユダヤ教の安息日の儀式の際、毎週金曜日の夜に使用された、ポーランドで購入された一組の燭台。 1939年のドイツのポーランド侵攻を逃れてきたポーランド系ユダヤ人がこれらの燭台を携え、ビルナ地区まで逃げてきました。


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections
  • Sarah Landesman - From the USHMM exhibition Flight and Rescue

Share This

Candlesticks taken to Vilna by Polish Jewish refugees [LCID: 2000h68v]