詳細
アーティファクト

ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンが作ったナイフ

ヨーナ・ヴィゴスカ・ディックマンは、1944年11月、SS(ナチス親衛隊)によってアウシュビッツからドイツ、フライブルクの飛行機工場に強制労働のために移送された後、アルミニウム片とのこぎりの一部を使ってこのジャックナイフを作りました。彼女はこのナイフで、毎日支給されるパンを半分に切って少しずつ食べていました。


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections

Share This

Knife made by Yona Wygocka Dickmann [LCID: 1998n7qc]