詳細
アーティファクト

タイムズ(1921年8月17日)

このロンドン・タイムズの記事では、ジャーナリストのフィリップ・グレーブスがモーリス・ジョリーの『マキャベリとモンテスキューの地獄での対話』(1864)と『シオン賢者の議定書』の文章を比較し、「議定書」が偽物であることを証明しました。その他の調査によって、プロイセン人の作家ヘルマン・ゲドシェが1868年に出版した小説『ビアリッツ』の一章も「議定書」のアイデアのもとになったことが判明しました。タイムズ(ロンドン)1921年8月17日


タグ


  • © Philip Graves, NI Syndication Limited, 1921

Share This

The Times, August 17, 1921 [LCID: 2006sqvy]