詳細
地図

アウシュビッツ近郊、1944年夏

アウシュビッツはドイツ軍が設置した最大規模の強制収容所でした。アウシュビッツは、集結所、絶滅収容所、および強制労働収容所がある強制収容所の集合体でした。アウシュビッツは 1939年にドイツによって併合された地域である上部シュレジエンにある戦前のドイツとポーランドの国境近くの、オシフィエンチムの町に設置されていました。アウシュビッツ第一収容所はメイン・キャンプであり、オシフィエンチムに設立された最初のキャンプでした。アウシュビッツ第二収容所(ビルケナウ)がアウシュビッツにおける絶滅収容所でした。ヨーロッパのドイツに占領された事実上全ての国からユダヤ人の移送列車がアウシュビッツ・ビルケナウにほとんど毎日到着しました。ブナ又はモノビツェと呼ばれることもある、アウシュビッツ第三収容所は、I.G.ファルベン社を含む隣接する工場に強制労働を供給するためにモノビツェに設立されました。少なくとも110万人のユダヤ人がアウシュビッツで虐殺されました。その他の犠牲者には、7万~7万5,000人のポーランド人、2万1,000人のロマ族(ジプシー)、および約1万5,000人のソ連軍捕虜がいました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Auschwitz environs, summer 1944 [LCID: auc42030]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.