詳細
地図

ヨーロッパの鉄道網、1939年

ヨーロッパの鉄道網は、最終的解決の実施に重要な役割を果たしました。 ドイツおよびドイツ占領下のヨーロッパのユダヤ人は、占領下のポーランドの絶滅収容所に鉄道で移送され、そこで殺害されたのです。 ドイツは、その意図を隠蔽しようとして、移送を「東への移住」と呼んでいました。 犠牲者たちは労働収容所に連れて行かれると言われましたが、実際には、1942年以降ほとんどのユダヤ人にとって、移送は絶滅収容所への移送を意味しました。 このような大規模な移送には、国家保安本部(RSHA)、運輸省、外務省を含めた多くのドイツ政府省庁の調整が必要でした。 RSHAが移送を調整および指示し、運輸省が列車のスケジュールを計画し、外務省がユダヤ人を引き渡すようにドイツ同盟国との交渉にあたりました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

European rail system, 1939 [LCID: eur69090]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.