詳細
地図

絶滅収容所への主な移送、1942〜1944年

1942年1月にベルリンで開かれたヴァンゼー会議で、親衛隊(ナチス政権の精鋭護衛兵)とドイツ政府省庁の代表者は、「最終的解決」(ナチスによるヨーロッパ在住ユダヤ人の殺害計画)に含まれるヨーロッパ在住ユダヤ人を1,100万人と見積もりました。この数字は、アイルランド、スウェーデン、トルコ、英国などの占領国以外のユダヤ人も含まれていました。 ドイツおよびドイツ占領下のヨーロッパ在住ユダヤ人は、占領下のポーランドの絶滅収容所に鉄道で移送され、そこで殺害されたのです。 ドイツは、その意図を隠蔽しようとして、移送を「東への移住」と呼んでいました。 犠牲者たちは労働収容所に連れて行くと言われましたが、実際には、1942年以降ほとんどのユダヤ人にとって、移送は絶滅収容所への移送と死を意味しました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Major deportations to killing centers, 1942-1944 [LCID: eur78940]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.