詳細
地図

大ドイツの主なナチス収容所、1944年

ナチスの収容所システムは、1939年9月に第2次世界大戦が始まると急速に拡大しました。軍需品製造において強制労働が重要になったのです。 1942〜1943年のスターリングラードの戦いでドイツが敗北した後、ドイツの戦時経済下での労働力不足は重大な問題になりました。このことから、ドイツの軍需産業の強制労働者として強制収容所の囚人の使用が急増していきました。 特に1943〜1944年には、工場の近くに何百もの補助収容所が建設されました。 補助収容所は、収容所によって管理されている一般に小規模な収容所であり、必要な数の囚人を受け入れていました。 ポーランドのアウシュビッツやドイツ中央部のブーヘンヴァルト、ドイツ東部のグロース・ローゼン、フランス東部のナッツヴァイラー・ストリュートフ、ベルリン近郊のラーフェンスブリュック、バルト海沿岸のダンチヒ近郊のシュトゥットホーフなどの収容所が、補助強制労働収容所の巨大なネットワークの管理センターになりました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Major Nazi camps in Greater Germany, 1944 [LCID: gge72050]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.