ナチス収容所 (簡約記事)

1933年から1945年にかけて、ナチスドイツは約2万か所の収容所を開設し、数百万人の犠牲者を投獄しました。これらの収容所はさまざまな目的に使われ、その中には強制労働収容所、一時的な中継地点としての通過収容所、そして大量殺戮を主な目的または唯一の目的とした絶滅収容所が含まれていました。ドイツ軍とその協力者は、絶滅収容所だけで300万人以上のユダヤ人を殺害しました。ナチス収容所に投獄された人々のうち、生き残ったのはほんのわずかでした。初期の強制収容所の囚人のほとんどは、ドイツ人の共産主義者、社会主義者、社会民主主義者、ロマ族(ジプシー)、エホバの証人、同性愛者、「反社会的」(社会的に逸脱した行動)と告発された人々でした。これらの施設は、収容者が物理的に1か所に強制的に集められていたことから、「強制収容所」と呼ばれました。1939年9月にドイツ軍がポーランドに侵攻した後、ナチスは強制労働収容所を開設しました。そこでは数千人の囚人が疲労、飢え、病気により死亡しました。

「最終的解決」(ユダヤ人のジェノサイドまたは大量殺戮)を促進するために、ナチスはユダヤ人の人口が最も多いポーランドに絶滅収容所を建設しました。絶滅収容所は効率的な大量殺戮を目的としていました。最初の絶滅収容所であるヘウムノ収容所は1941年12月に開設され、そこではユダヤ人とロマ族がガストラックで殺害されました。1942年、ナチスは占領下のポーランド内陸部のユダヤ人を組織的に殺害するために、ベウジェツ、ソビボル、トレブリンカ絶滅収容所を開設しました。ナチスは殺害の効率を高め、その作業を執行者個人に関わりのないものにするために、ガス室(有毒ガスを充満させて内部の人々を殺害する部屋)を建設しました。アウシュビッツ収容所の一部であるビルケナウ絶滅収容所には、4つのガス室が備えられていました。収容所への移送者数が最も多い時期には、毎日6千人ものユダヤ人がガス室に送られていました。ナチス占領下の土地のユダヤ人は多くの場合、ポーランドの絶滅収容所に送られる途中に、オランダのヴェステルボルクやフランスのドランシーなどの通過収容所にまず移送されました。通過収容所は通常、絶滅収容所に移送される前の最後の立ち寄り地点となりました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.