フランクリン・D・ルーズベルト大統領が後に「屈辱の日」と呼んだ 1941 年 12 月 7 日、大日本帝国海軍が真珠湾に航空攻撃による奇襲を行いました。いわれのない攻撃を受けた米国は即座に日本に対し宣戦布告し、第二次世界大戦へと突入しました。

真珠湾は当時、そして現在も米国海軍の太平洋で最も重要な基地であり、米国太平洋艦隊の本拠地です。ハワイ州のオアフ島に位置しています。

日本の真珠湾攻撃

背景:1930 年代の日本の領土拡大

1930 年代の日本では、環太平洋地域への大日本帝国拡大を目指す軍部の指導者が政府における影響力を強め、米国、英国、¥、中華民国はこの拡張政策への大きな障害と見なされました。

日本の武力侵攻は 1931 年 9 月の中国における満州占領に始まりました。日本は翌年、占領した土地に日本の傀儡政権である満州国(1932~1945 年)を樹立し、中国最後の皇帝である溥儀を名目だけの指導者としました。国際連盟はこの事態を調査し、日本が宣戦布告なしに中国の領土を強制的に占領したと結論づけ、日本軍に占領地から撤退するよう要求しました。日本はこれに反発し、1933 年 3 月に国際連盟を脱退しました。国際連盟と米国はいずれも、日本が主張する満州国の独立を認めませんでした。

1930 年代の半ばになると、日本の軍部は外交政策と国内政策に関してより大きな権限を振るうようになりました。日本は、国内で製造できる艦隊の大きさを制限していた国際海軍軍縮会議から脱退しました。軍艦の建造は劇的に増加し、1941 年には世界第 3 位の海軍をもつに至りました。太平洋では、日本海軍は米英両国の艦隊を合わせた勢力をしのぐほどになりました。陸軍も急激に拡大し、1936 年から 1941 年までの間に 2 倍の規模となりました。さらに、日本はドイツのナチス政権、ファシスト政権下のイタリアと接近し、1936 年 11 月に「防共協定」、1940 年 9 月に「日独伊三国同盟」を結び、枢軸国の一角となりました。

1937 年 7 月、日本と中国軍の間で戦闘が勃発し、やがて 1945 年まで続く本格的な戦争へと発展しました。

日本の侵略は米国をはじめ世界中に激しい非難を巻き起こします。1937 年 10 月 5 日、フランクリン・D・ルーズベルト大統領は「文明の根幹」が「深刻に脅かされている」と警告しました。大統領は特定の国を名指ししませんでしたが、その警告は中国における日本、スペイン内戦に対するドイツとイタリアの介入に対し、米国民の関心を高めようとするものでした。「無法という伝染病」の広がりを食い止めるには、「隔離」が必要だと語ったのです。ルーズベルト大統領が恐れたのは、日本の拡張主義が中国のみに留まらず、香港、インドシナ、フィリピンへと広がり、米国の脅威となることでした。

国際連盟は中国での日本の軍事行動を非難しましたが、戦闘を食い止めようとする外交努力は失敗に終わりました。1937 年 12 月に日本の海軍航空機が中国で米国の哨戒艦、USS パナイや数隻の英国艦船を攻撃して沈没させると、ルーズベルト大統領は米英海軍が共同で海上封鎖することを検討しましたが、米国の孤立主義と諸外国の宥和政策によって実現しませんでした。

ヨーロッパ大陸で戦争が勃発したのを機に、日本はアジアの領土占領に乗り出しました。フランスがナチスドイツに敗れた後、日本はヴィシー政権に圧力をかけ、インドシナから中国への軍事物資の補給を断つこと、日本軍が現地に駐留することを認めさせました。1940 年の秋、米国政府は戦いの渦中にある中華民国に対し航空機と資金の貸し付けを申し出、さらに日本に対しては航空機燃料、鉄と鋼鉄などの金属スクラップの輸出を禁止する経済制裁を発動しました。1941 年の夏から秋にかけて、米国は日本の資産を凍結するとともに、日本への石油輸出を禁止しました。

真珠湾攻撃の計画

米国の政策と経済制裁が挑戦的になるにつれ、日本の司令部は太平洋の米国拠点を攻撃する決定を下しました。その対象はフィリピン、グアム島、ウェーク島、そして真珠湾の太平洋艦隊でした。

日本を悩ませたのは、米国の海軍勢力と経済力にどう立ち向かうかということでした。

そこで浮上したのが、真珠湾で太平洋艦隊を全滅させ、同時に他の米国の前線基地を排除する奇襲攻撃でした。作戦の戦略目標は、太平洋における米国海軍を活動不能にすることにより、日本の侵攻を妨害できなくすることでした。

米国が攻撃の影響から立ち直り再軍備する頃には日本が広大な防衛線を築き、米軍にも打破できない、あるいは打破するのを躊躇するだろうと目論んだのです。海軍の巨大な攻撃部隊が日本を出航しました。作戦行動が米国に察知されないよう、厳重に無線を封止し、航路を避けて進みました。

攻撃

真珠湾

1941 年 12 月 7 日の朝 7 時 55 分、2 波に分けられた日本の攻撃のうち、第一陣となる海軍機が 6 隻の航空母艦から飛び立ち、真珠湾を攻撃しました。米国軍にはまったくの不意打ちでした。2,400 名の船員と兵士が死亡し、1,200 名が負傷しました。航空機のゆうに半数以上が損傷または破壊され、ほぼすべてが飛行不能となりました。

停泊していた米国艦船はすべてが攻撃を受け、戦艦アリゾナおよびオクラホマは完全に破壊されました。日本軍航空艦隊の指揮官らは第 3 次攻撃を要請しましたが、攻撃部隊の指揮をとった南雲司令長官はそれ以上の損失を避けるためこれを拒否しました。奇襲作戦は成功したと考えたのです。

一見、真珠湾攻撃は鮮やかに成功したかに思われました。米国太平洋艦隊はその攻撃力を確実に削がれ、当面の間は日本の拡大政策に介入することは不可能に違いありませんでした。さらに、この攻撃で日本軍が失った航空機はわずか 29 機でした。しかし詳細に見ると、戦略的な面からいってこの作戦は失敗でした。

まず、米国艦隊の最も重要な艦船である航空母艦は、攻撃時には演習中で基地を留守にしていました。

第 2 に、石油供給施設、潜水艦隊、修理施設に損傷がなかったことです。

第 3 に、すべての重要な艦船が甚大な損傷を受けてはいたものの、2 隻以外はすべて、最終的に引き揚げられ、修理され、再び任務につくことができました。

その上、それまで無関心だった米国市民を戦争支持へと奮い立たせたのもこの攻撃でした。

世界における反響

真珠湾攻撃の衝撃はハワイや米国のみならず世界中に広がりました。アドルフ・ヒトラーは攻撃を賞賛し、米国が宣戦布告したのは日本のみであるにもかかわらず、米国に対して宣戦布告しました。真珠湾攻撃までは、多くの米国人が孤立主義的な考え方をもち、ヨーロッパの戦争に関わることには消極的でした。

ヒトラーの宣戦布告は彼の最大の過ちであったと歴史家の多くが見ています。それから 1 年もたたないうちに、ドイツは米国の地上部隊と北アフリカで戦うことになります。また、ナチスドイツの宿敵であったソビエト連邦に対する米国からの軍需品の支援が全速力で進められました。

真珠湾攻撃は、小さくとも確実にホロコーストに影響を与えています。「最終的解決」の実行に責任をもつ組織を調整するために招集されたヴァンゼー会議は、当初 12 月 8 日に予定されていました。1941 年 12 月初頭の状況を踏まえ、ラインハルト・ハイドリヒは会議の開催を 1942 年 1 月 20 日に再設定することを余儀なくされたのです。