歴史映画の場面

日本がパールハーバーを攻撃する

日本の外交官がワシントンD.C.でコーデル・ハル国務長官と交渉を続ける間、日本の爆撃機がパールハーバーの海軍基地を攻撃しました。 この奇襲攻撃に対するアメリカ人の怒りは孤立主義感情を大きく圧倒し、翌日米国は日本に対して宣戦布告を宣言しました。

謄本

[序曲]1941年12月7日、屈辱の日。 日本の
外交官がハル国務長官と平和政策について協議
していた間にも、日本の爆撃機がパールハーバーを急襲
しました。 この写真記録には、日本軍が死の爆弾を海軍基地、
ウィラー陸軍航空基地、および民間人の住居や学校に投下する様子を示す、
米国の映像と敵側が撮影した写真が含まれています。
100機の日本の爆撃機と数隻の小型潜水艦がこの攻撃に
加担しました。 1時間5分の間に、戦艦
「アリゾナ」は完全に破壊され、4隻の他の戦艦も大きな打撃を
受けました。 3隻の他の戦艦と3隻の巡洋艦はそれより軽い打撃を
受けました。 ほぼ200機の航空機が破壊されました。 この
日曜日の朝の地獄のような光景で、太平洋艦隊は
奇襲攻撃により完全に機能不全に陥ったようでした。 この大惨事で
3,000人近い犠牲者が出ました[爆弾の爆発音]。
数時間内に、米国は宣戦布告したのです。


タグ


  • National Archives - Film

シェア

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.