Adolf Hitler poses with his cabinet shortly after assuming power as chancellor of Germany. [LCID: 79487]

第三帝国: 概要

政権を握ったナチスは、第一次世界大戦後にドイツで確立された議会制民主主義であるヴァイマル共和政に終止符を打ちました。1933年1月30日にアドルフ・ヒトラーが首相に就任した後、ナチス国家(第三帝国とも呼ばれる)は、ドイツ人の基本的権利がまったく保証されない政権となっていきました。 ライヒスターク(ドイツ国会)で発生した疑わしい火災の後、1933年2月28日、政府は憲法に基づく公民権を一時停止し、正式な布告を国会の確認なく法律として制定できる緊急事態を発令しました。

ヒトラーが首相の地位に就いてから最初の数カ月で、ナチスは個人と機関をナチスの目標に合わせるという「調整」政策を打ち立てました。 文化、経済、教育、法律はすべて、ナチスの管理下に置かれました。 ナチス政権はまた、ドイツの教会の「調整」を試み、完全に成功したとは言えませんでしたが、主なカトリックおよびプロテスタント聖職者の支持を獲得しました。

また政権の目標や理想を広めるために、徹底的なプロパガンダが繰り広げられました。 1934年8月にドイツ大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクが死去すると、ヒトラーが大統領の地位を引き継ぎました。 軍隊は、ヒトラーに個人的な忠義を誓いました。 ヒトラーの独裁は、第三帝国大統領(国家元首)、第三帝国首相(政府指導者)、および総統(ナチ党党首)としての地位に依存していました。 「総統原理」に従い、ヒトラーは法治国家の枠外に立ち、政策問題を彼自身が決定しました。

ヒトラーは、国内の法律制定とドイツの外交政策の両方において最終決定権を持っていました。 ナチスの外交政策は、ドイツ人は軍事力によって東側に拡大するよう生物学的に運命付けられており、拡大した人種的に優れたドイツ国民が東ヨーロッパとソビエト連邦において永久的な統治を確立すべきだという、人種差別的な信念を指針にしていました。 ここでも、女性は重要な役割を果たしました。 第三帝国の積極的な人口政策は、「人種的に純粋」な女性にできる限り多くの「アーリア系」の子供を産むことを奨励しました。

この枠組みの中で、ユダヤ人やジプシーなどの「人種的に劣った」人々は、この地方から排除されることになりました。 ナチスの外交政策は、当初からソ連に対し絶滅戦争をしかけることを目的とし、ナチス政権の平時はドイツ国民を戦争に向け準備することに費やされました。 このイデオロギー戦争の背景において、ナチスはホロコーストを計画し、実行に移しました。ホロコーストとは、「人種的」に主要な敵と見なされたユダヤ人の大量殺戮を意味します。

政権へのあからさまな批判はゲシュタポ(秘密国家警察)とナチ党の治安警察(SD)に抑制され、ヒトラーの政府はほとんどのドイツ人の支持を得ていました。 政策に同調しないことから、1944年7月20日のヒトラーの暗殺計画まで、ナチス国家に対する一部ドイツ人の反対もありました。

連合国はナチスドイツを打ち破り、1945年5月8日にドイツの降伏を余儀なくさせました。

その他の書籍

Burleigh, Michael. The Third Reich: A New History. New York: Hill and Wang, 2000.

Evans, Richard. The Third Reich in Power, 1933-1939. New York: Penguin Press, 2005.

Grunberger, Richard. The 12-year Reich: A Social History of Nazi Germany, 1933-1945. New York: Holt, Rinehart and Winston, 1971.

Fischer, Klaus. Nazi Germany: A New History. New York: Continuum, 1995.

Noakes, Jeremy, and Geoffrey Pridham, editors. Nazism, 1919-1945. Exeter [UK]: University of Exeter Press, 1998-2001.

Shirer, William L. The Rise and Fall of the Third Reich: A History of Nazi Germany. New York: Simon and Schuster, 1960.

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.