第三帝国 (簡約記事)

政権を握ったナチスは、第一次世界大戦後にドイツで確立された議会制民主主義であるヴァイマル共和政に終止符を打ちました。1933年1月30日にアドルフ・ヒトラーが首相に就任した後、ナチス国家(第三帝国とも呼ばれる)は、ドイツ人の基本的権利がまったく保証されない政権となっていきました。文化、経済、教育、法律はすべて、ナチスの管理下に置かれました。また政権の目標や理想を広めるために、あらゆるプロパガンダが徹底的に利用されました。

ヒトラーは、国内の法律制定とドイツの外交政策の両方において最終決定権を持っていました。ナチスの外交政策は、ドイツが軍事力によって東側へ拡大するよう生物学的に運命付けられているという人種差別的信念によって導かれました。この思想的戦争の背景において、ナチスはホロコーストを計画し、実行に移しました。ホロコーストとは、「人種的」に主要な敵と見なしたユダヤ人の大量殺戮を意味します。政権へのあからさまな批判は抑制され、ヒトラーの政府はほとんどのドイツ人の支持を得ていました。連合国はナチスドイツを打ち破り、1945年5月8日にドイツの降伏を余儀なくさせました。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.