詳細
アーティファクト

カレル・ブラムルの強制収容所の帽子

1942年、テレージエンシュタットからアウシュビッツ強制収容所に送られた後、カレル・ブラムルは、近郊のモノヴィッツ収容所(通称ブナ)にある合成ゴム(ブナ)工場で強制労働させられていたときに、この帽子を着用していました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections

シェア

Karel Bruml's concentration camp cap [LCID: 1998wr96]