詳細
アーティファクト

カレル・ブラムルの強制収容所の帽子

1942年、テレージエンシュタットからアウシュビッツ強制収容所に送られた後、カレル・ブラムルは、近郊のモノヴィッツ収容所(通称ブナ)にある合成ゴム(ブナ)工場で強制労働させられていたときに、この帽子を着用していました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections

シェア

Karel Bruml's concentration camp cap [LCID: 1998wr96]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.