詳細
Other

「セントルイス号」のモーリッツ・ショーエンバーガーからの電報

1939年5月25日、アーティストのモーリッツ・ショーエンバーガーは、ドイツのハンブルクからキューバ島ハバナへ向かう航海中、遠洋定期船「セントルイス号」からこの無線電報を送りました。 この航海で、「セントルイス号」は、ナチスの迫害を逃れた900人を超えるユダヤ人難民を乗せていました。 この電報には、「土曜日にはハバナに到着できそうで、肉体的にも精神的にも元気を取り戻しました。 お金を受け取りました。 父さん、ありがとう」と記されていました。しかし、彼の楽天的な見込みは裏切られ、 キューバ政府当局が難民の入国を拒否したからです。 また、米国も乗客の入国を拒否し、「セントルイス号」はヨーロッパに引き返すしかありませんでした。 帰航途中、英国、ベルギー、フランス、オランダがユダヤ人難民の受け入れに同意し、 フランス当局は彼をフランス南部に抑留しました。


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections

Share This

Radiogram from Moritz Schoenberger on the "St. Louis" [LCID: 1998x4d6]