詳細
Other

「セントルイス号」のモーリッツ・ショーエンバーガーからの電報

1939年5月25日、アーティストのモーリッツ・ショーエンバーガーは、ドイツのハンブルクからキューバ島ハバナへ向かう航海中、遠洋定期船「セントルイス号」からこの無線電報を送りました。 この航海で、「セントルイス号」は、ナチスの迫害を逃れた900人を超えるユダヤ人難民を乗せていました。 この電報には、「土曜日にはハバナに到着できそうで、肉体的にも精神的にも元気を取り戻しました。 お金を受け取りました。 父さん、ありがとう」と記されていました。しかし、彼の楽天的な見込みは裏切られ、 キューバ政府当局が難民の入国を拒否したからです。 また、米国も乗客の入国を拒否し、「セントルイス号」はヨーロッパに引き返すしかありませんでした。 帰航途中、英国、ベルギー、フランス、オランダがユダヤ人難民の受け入れに同意し、 フランス当局は彼をフランス南部に抑留しました。


  • US Holocaust Memorial Museum - Collections

シェア

Radiogram from Moritz Schoenberger on the "St. Louis" [LCID: 1998x4d6]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.