Adolf Hitler stands with an SA unit during a Nazi parade in Weimar [LCID: 02286]

ヒトラーが政権を握る

ヒトラーが政権を握る 1930年代初頭、ドイツ国民のムードは悲惨なものでした。世界的な経済不況が国を襲い、何百万という人々が失業していました。15年前の第一次世界大戦でのドイツの屈辱的な敗北は、まだ多くのドイツ国民の記憶に新しく、ワイマール共和国と呼ばれる弱い政府に自信を失っていました。これらの状況は、新しい指導者アドルフ・ヒトラー、そして彼が党首である国家社会主義ドイツ労働者党(略してナチ党)の台頭に有利な機会を与えました。

ヒトラーの演説は力強く雄弁であったため、変化を切望するドイツ国民を魅了しました。彼は、希望を失った国民に、生活の向上と新たな栄光あるドイツを約束しました。ナチスは特に、失業者、若者、そして下位中産階級の人々(小さな店の持ち主、事務所の従業員、職人、農民)の心に訴えました。

党は急速に勢力を拡大しました。経済不況が襲う前、ナチスは実質的には無名で、1924年ライヒスターク(ドイツ国会)の選挙で獲得した票は、わずか3%でした。1932年の選挙では、他のどの党よりも多い33%の票を獲得しました。1933年1月、ヒトラーはドイツ政府の長である首相に任命されました。多くのドイツ国民は彼こそ国の救世主だと信じました。

重要な日付

1919年6月28日
第一次世界大戦を終わらせるベルサイユ条約

ベルサイユ条約において戦勝国(米国、英国、フランス、および他の同盟国)は、第一次世界大戦で敗北したドイツに厳しい制裁を科します。ドイツは侵略の脅威にさらされ、条約に署名することを余儀なくされます。ドイツは他の条件として、戦争責任の受け入れ、賠償金としての巨額な支払い、兵力を10万人まで制限すること、そして隣国への領土の譲渡に同意します。条約の条項はドイツ国民に広範な政治的不満をもたらします。アドルフ・ヒトラーは、それらを覆すと約束することで支持を得ます。

1929年10月24日
ニューヨーク株式市場の暴落

ニューヨーク株式市場の暴落に関連する株価の急落により、企業が次々に倒産します。米国では失業が蔓延し、「大恐慌」は世界的な経済危機を引き起こします。ドイツでは1932年6月までに、600万人が失業します。経済的困窮はナチ党の急速な支持上昇に貢献します。その結果、ナチ党は1932年7月ライヒスターク(ドイツ国会)の選挙において、40の選挙区で票を勝ち取り、その時点でドイツ議会の最大の党となります。

1932年11月6日
議会選挙で支持を失うナチス

1932年11月のライヒスターク(ドイツ議会)選挙で、ナチスは7月の前回の選挙から約200万票を失い、獲得した票は33%にとどまります。ナチ党が民主的選挙で過半数を得られないことが明らかになると、アドルフ・ヒトラーは、保守派との連立に合意します。数か月にわたる交渉後、1933年1月30日、ドイツ大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクは、表面上保守党統治の政府でヒトラーをドイツ首相に任命します。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.