詳細
地図

占領下のポーランドのゲットー、1939〜1941年

ドイツは1939年秋にポーランド西部を占領しました。この領土の多くはドイツ帝国に併合されました。 ポーランド東部は1941年6月までドイツ軍に占領されませんでした。ドイツはポーランド中南部に総督府を設立しました。初期のゲットーのほとんどはこの地に建設されました。 ゲットーは、壁で取り囲まれた地域であり、ユダヤ人の住民が押し込められて、悲惨な環境での生活を強いられました。 ゲットーは、ユダヤ人コミュニティを住民全体と近隣のユダヤ人コミュニティの両方から引き離すことで、ユダヤ人を分離しました。 1940年10月12日に建設されたワルシャワのゲットーは、面積、人口ともに最大のゲットーでした。結局はここに、町の人口の約30%にあたる350,000人を超えるユダヤ人が、町の総面積の約2.4%の地区に閉じ込められました。


タグ


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Ghettos in occupied Poland, 1939-1941 [LCID: pol74490]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.