詳細
地図

主なユダヤ人難民キャンプ、1945〜1946年

第2次世界大戦後、数十万人のユダヤ人生存者が難民キャンプに残りました。 連合国が、ヨーロッパからの出立を待っている難民のために、連合国占領下のドイツ、オーストリア、およびイタリアにこのようなキャンプを設置したのです。 ほとんどのユダヤ人難民は、パレスチナへの移住を希望していましたが、米国への入国を希望する人も大勢いました。 彼らはヨーロッパを出立できるまで、難民キャンプに残ることに決めました。 1946年末のユダヤ人難民の数は推定で250,000万人でした。そのうち185,000人はドイツ、45,000人はオーストリア、20,000人はイタリアにいました。 ユダヤ人難民のほとんどは、ポーランドからの難民ですが、その多くは戦時中にドイツからソ連内陸部に逃げた人々でした。 チェコスロバキア、ハンガリー、ルーマニアから来たユダヤ人難民もいました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Major camps for Jewish displaced persons, 1945-1946 [LCID: ger78150]

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.