難民 (簡約記事)

解放後、連合国はユダヤ人難民を本国に送還する準備をしましたが、多くの難民はそれを拒否したり、帰国することを恐れました。1945年から1952年の間、25万人以上のユダヤ人難民がドイツ、オーストリア、イタリアの難民キャンプや都市センターで生活していました。これらの施設は連合国当局および連合国救済復興機関によって管理されていました。生存者は自分の家族を探し始めました。再会を果たそうとする家族に加えて、新しい家族も多数生まれました。難民キャンプでは、多くの結婚式や新生児の誕生が見られるようになりました。学校もまもなく設立されました。宗教上の休日には、さまざまな集会や祝い事が行われました。難民キャンプの多くは、以前の強制収容所やドイツ軍駐屯地であったため、ほとんどが厳しい環境であったにもかかわらず、社会組織や職業組織が短期間に数多く設立されていきました。

連合国は何年もの間、慎重に協議を重ね、移住問題の解決を先延ばしにしてきました。1945年から1948年にかけて増え続けたホロコーストのユダヤ人生存者は、難民キャンプにおける自治権の欠如や選択の自由の少なさによって高まった民族主義の影響を受け、英国支配下のパレスチナを待望の目的地として選択しました。難民はシオニズム運動や、ユダヤ人国家の建設に関する政治的論争に強い影響を与えました。彼らはパレスチナへの移住を阻む英国を非難し、英国の政策に対する大規模な抗議運動が難民キャンプで頻繁に行われました。1948年5月14日、米国とソ連は新しいイスラエル国を承認しました。米国議会も1948年に避難民法を通過させ、米国への移住制限を緩和しました。難民の移住問題は数年で解決し、8万人以上のユダヤ人難民が米国に、約13万6,000人がイスラエルに、さらに2万人がカナダや南アフリカなどの国に移住しました。難民キャンプは1952年までにほとんどすべてが閉鎖されました。