詳細
地図

ヨーロッパの主な戦犯裁判、1943〜1947年

ドイツのニュルンベルグで国際軍事裁判(IMT)が行われる前に、主なドイツ当局者が裁判にかけられました。 IMTは英国、フランス、ソ連、および米国の裁判官から構成されていました。 しかし、1945年以降の戦争犯罪裁判の圧倒的多数は、下級の役人や職員に対するものでした。 その中には、強制収容所の護衛兵や司令官、警察官、移動虐殺部隊の隊員、人体実験に加担した医師も含まれていました。 これらの戦争犯罪者は、占領下のドイツおよびオーストリアとイタリアの英国、米国、フランス、およびソ連領内で軍事法廷にかけられました。 罪を犯した国の法廷にかけられた者もいました。 法廷にかけられることも、罰せられることもなかった戦争犯罪人も数多くいました。


  • US Holocaust Memorial Museum

シェア

Major European war crimes trials, 1943-1947 [LCID: eur61030]