ニュルンベルグ継続裁判 (簡約記事)

ニュルンベルグでの国際軍事裁判(IMT)の終結後、ニュルンベルグ継続裁判として知られるようになった裁判の主任検察官に米国のテルフォード・テイラー将軍が任命されました。IMTは既に戦争犯罪、侵略戦争、人道に反する罪を犯罪行為と見なしていたため、継続裁判はそれらの犯罪で告発されたナチス将校や関係者に有罪判決を下すことが目的でした。12件のニュルンベルグ継続裁判で米国は合計183人の被告を起訴しました。これらの裁判の結果、12人が死刑、8人が終身刑、77人が懲役刑となりました。他の被告人は無罪になりました。戦後の温情処置により、多くは後に審査当局から減刑を認められたり、有罪判決を受けた個人が服役を終えて釈放されたりしました。

継続裁判12件の内訳は以下のとおりでした。訴訟1、医療訴訟。訴訟2、ミルヒ訴訟。訴訟3、判事訴訟。訴訟4、ポール訴訟。訴訟5、フリック訴訟。訴訟6、I.G.ファルベン訴訟。訴訟7、捕虜訴訟。訴訟8、親衛隊人種及び移住本部(RuSHA)訴訟、訴訟9、アインザッツグルッペン訴訟。訴訟10、クルップ訴訟。訴訟11、軍事訴訟。訴訟12、最高司令部訴訟。