ニュルンベルグの国際軍事裁判 (簡約記事)

戦後の戦犯裁判で最も知られている国際軍事裁判(IMT)の前のドイツ主要幹部の裁判は、ドイツの降伏後わずか6か月半の1945年11月20日にドイツのニュルンベルクで正式に始まりました。連合国の4国(アメリカ、イギリス、ソ連、フランス)のそれぞれが裁判官と検察チームを用意しました。裁判の規則はヨーロッパおよび英米の司法制度が微調整された結果でした。通訳者がすべての進行を英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語で同時通訳しました。

慎重な討議の後、ナチスの外交的、経済的、政治的、軍事的な指導者の一断面を代表する24人の被告(うち裁判所に出頭したのは21人のみ)が選ばれました。アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラー、ヨセフ・ゲッペルスは裁判にかけられることなく、終戦前に自殺しました。IMTは被告たちを平和に対する犯罪、戦争犯罪、人道に対する犯罪の罪で告発しました。IMTは、人道に対する罪を「殺人、絶滅、奴隷化、移送、または政治的、人種的、宗教的理由による迫害」と定義しました。第二次世界大戦が始まる前に国内のナチス法の下で犯した犯罪も含めて、4番目に陰謀の罪が追加されました。被告人は自分で弁護士を選ぶ権利がありました。毎日400人を超える見学者と、23か国を代表する325人の記者が審理を傍聴しました。

アメリカの主任検察官、ロバート・ジャクソンは目撃者の証言よりも主にナチス自体が書き留めた文書を基に訴訟の議論を展開することにしました。ニュルンベルグでの証言は、アウシュビッツの殺人機械、ワルシャワ・ゲットーの解体、推定600万人のユダヤ人犠牲者などの詳細を含め、我々が知るホロコーストの全貌を明らかにしました。

裁判官は1946年10月1日に判決を言い渡しました。有罪判決には裁判官4人のうち3人の合意が必要でした。12人の被告に死刑判決が下りました。ヘルマン・ゲーリングは自殺によって絞首刑の縄を逃れました。IMTは、3人の被告を終身刑に、4人を10~20年の禁固刑に処しました。3人の被告は無罪判決を受けました。