アニメーションマップ

ダッハウ強制収容所

ダッハウ強制収容所は1933年に作られ、1945年の終戦まで継続的に使用されました。ナチス政権最初の強制収容所であり、1933年から1945年までに少なくとも推計で188,000人も収容されました。

謄本

ダッハウ強制収容所は1933年に作られ、1945年の終戦まで継続的に使用されました。ナチス政権最初の強制収容所であり、1933年から1945年までに少なくとも推計で188,000人も収容されました。

ナチ党のエリート親衛隊であるSSは、1933年3月、ドイツ南部のミュンヘンの北西約16キロの町、ダッハウの閉鎖された軍需工場の敷地にダッハウ強制収容所を建てました。

当初、SSはダッハウにいたドイツ人の共産主義者、社会民主主義者、労働組合員、ナチス政権の政敵を収容していましたが、 そのうち、エホバの証人やロマ(ジプシー)、同性愛者などの人々も投獄されるようになりました。 1938年11月の「水晶の夜」の直後には、ダッハウ強制収容所に10,000人を超えるユダヤ人が投獄されました。

1937年初頭、SSはダッハウ強制収容所の敷地で大規模な複合施設の建築を開始しました。 劣悪な条件下で囚人たちは、まず、古い軍需工場の破壊作業に強制的に従事させられました。

ダッハウ収容所は親衛隊の護衛兵の訓練所であり、この収容所の組織と慣例がすべてのナチス強制収容所のモデルとなりました。 ダッハウ強制収容所は、収容施設区域と遺体焼却炉区域の2つに分かれていました。 収容施設区域は32の収容宿舎と補助施設の一群で構成され、 拘置所と集中調理施設の間にある中庭では囚人の処刑が行われました。 収容所は電気が流れる有刺鉄線のフェンス、溝、壁、7つの見張り塔に囲まれました。

労働に耐えられないと判断されたダッハウの数千人もの囚人が、オーストリア近郊のハルトハイムの「安楽死」絶滅収容所に移送されて殺されました。

親衛隊の医師はダッハウで、数百人の人々に人体実験を行い、その結果囚人は死亡し、障害が永久に残ったりしました。

また、ダッハウの囚人は、道路建設や砂利採取場での労働や下水工事にも強制的に駆り出されました。 1944年の夏から秋にかけ、軍需増産のため、ドイツ南部全域の軍需工場の近くに、ダッハウ管轄下の大規模な補助収容所が30以上建設されました。数千人の囚人は死ぬまで労働を強いられました。

連合国軍がドイツに進軍していた頃、避難先からダッハウに続々と人々が連行されました。

過密と劣悪な衛生状態のため、発疹チフスが深刻な問題となりました。

1945年4月、米軍の進攻中、ダッハウとその補助収容所には65,000人を超える囚人が登録されており、その3分の2は政治犯、3分の1がユダヤ人でした。 7,000人以上(ほとんどがユダヤ人)がダッハウからそのはるか南のテーゲルンゼーまでの死の行進を強いられ、 その最中、ナチス親衛隊は歩けなくなった人々を射殺し、多くの人々が飢えや寒さ、疲労で死にました。

1945年4月29日、ダッハウ収容所は米軍によって解放されました。 米軍は、30もの貨車に腐乱した死体が詰め込まれ、収容所周辺には埋葬されない遺体や病気の人々が多数放置されていたことを目撃しました。

1933年から1945年までにダッハウに収容されていた人々の数は188,000人を超え、ダッハウで死んだ人の総数は不明です。


  • US Holocaust Memorial Museum

Share This