反ユダヤ主義 (簡約記事)

「反ユダヤ主義」という言葉は、ユダヤ人に対する偏見や嫌悪を意味します。ホロコーストは、1933年から1945年までナチスドイツとその協力者によって国家的に行われたヨーロッパ在住ユダヤ人の迫害と殺戮のことで、歴史上で最も極端な反ユダヤ主義の例となっています。「反ユダヤ主義」という言葉は、1879年にドイツ人ジャーナリストのヴィルヘルム・マルが初めて使いました。しかし、ユダヤ人に対する一定の嫌悪感は、「反ユダヤ主義」という造語が生まれた近代以前から存在していたのです。歴史的に見て反ユダヤ主義の最も一般的な発露のひとつに、ポグロムと呼ばれるユダヤ人に対する集団的な暴力や殺戮があり、このような行為はしばしば政府当局によって助長されてきました。ポグロムは、ユダヤ人がキリスト教信者の子供の血を儀式に使用したというデマ(血の中傷)が引き金となることがよくありました。

近代になると、反ユダヤ主義の嫌悪のイデオロギーに政治的な要素が加わりました。19世紀後半には、反ユダヤ主義の政党がドイツ、フランス、オーストリアで結成されました。「シオン賢者の議定書」などの出版物により、ユダヤ人による国際的陰謀という欺瞞的な憶測が支持されるようになりました。反ユダヤ主義の政治利用における重要な要素は民族主義であり、その信奉者たちはしばしばユダヤ人を不忠実な市民として不当に非難してきました。1919年にアドルフ・ヒトラーに率いられて結成されたナチ党は、人種差別主義の理論に政治的な意味合いを付加しました。ナチ党が人気を博した理由の1つは、反ユダヤのプロパガンダを広めたことにあります。

Thank you for supporting our work

We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. View the list of all donors.