A Hitler Youth ceremony of the sort conceived by Baldur von Schirach—to strengthen dedication to Hitler—in which members recited ... [LCID: 79888]

青少年への洗脳

画像はこちらからご覧ください

未来の形成: 青少年への洗脳

「これらの少年少女は10歳で組織に加入し、しばしば初めて新鮮な空気をわずかに吸い、そして4年間を少年団で過ごした後、ヒトラー青年団にさらに4年間加入する。 . . そして、まだ完全な国家社会主義者ではないが、国家労働奉仕団に入団し、さらに6〜7か月間そこで磨きをかける。 . . 階級意識や社会的地位が個人の内に残されていれば、それがどんなものであっても、 . . ドイツ国防軍がそれに対処する。」
--アドルフ・ヒトラー(1938年)

1920年代から、ナチ党はそのプロパガンダメッセージの特別な対象として、ドイツの青少年に的を絞りました。 このようなメッセージでは、ナチ党は活動的で回復力に富み、先進的で希望に満ちあふれた青年の運動であることを強調しました。 何百万人ものドイツ人の若者が、学校の教室で、そして課外活動を通じてナチズムに説得され、取り込まれていきました。 1933年1月、ヒトラー青年団の会員数はわずか5万人でしたが、その数は年末までに200万人に増大しました。 1936年までに、ヒトラー青年団の会員数は540万人に達しました。これは1939年に入会が義務付けられる前のことでした。その後ドイツ当局は、ヒトラー青年団に競合する他の青年組織を禁止または解散させました。

ナチス国家における教育

第三帝国の教育は、生徒を国家社会主義的な世界観で洗脳する役割を果たしました。 ナチスの学者や教育者は、北欧およびその他の「アーリア系」人種を美化する一方で、ユダヤ人やその他のいわゆる劣等民族を、文化や文明を創造できない寄生性の「劣った人種」として侮辱しました。 1933年以降、ナチス政権は、ユダヤ人教師や「政治的に信頼できない」と考えられる教師を公立学校から追放しました。 しかし、ほとんどの教育者はその職務に留まり、ナチス教師同盟に加盟しました。 1936年までに、全公立学校教師の97%にあたる30万人が教師同盟に加わりました。事実、他のどの職業よりも多くの教師がナチ党に入党しました。

教室およびヒトラー青年団における指導は、総統と祖国のためなら死をもいとわない、人種を意識した従順で献身的なドイツ人を生み出すことを目標としていました。 アドルフ・ヒトラーへの献身は、ヒトラー青年団の訓練の重要な要素でした。 ドイツ人の若者は、国民の休日とされたヒトラーの誕生日(4月20日)に入隊式を行い、祝いました。 ドイツ人の若者たちは、ヒトラーに忠誠を尽くすことを誓い、将来は兵士として、国とその指導者に仕えることを誓約しました。

学校は、ナチスの意図をドイツ人の若者の間に広める重要な役割を果たしました。 検閲によって教室から書籍が排除されましたが、同時にドイツの教育者たちは、ヒトラーに対する愛情、国家権力への従順、軍国主義、人種差別主義、反ユダヤ主義を教える新しい教科書を導入しました。

学校での第1日目から、ドイツ人の子供たちはアドルフ・ヒトラーに対する狂信的信奉を植え付けられました。 ヒトラーの写真は、教室の標準的な備え付け品の1つでした。 教科書には頻繁に、このドイツの指導者を初めて見た子供の興奮が描写されていました。

子供用のボードゲームやおもちゃもまた、人種的かつ政治的なプロパガンダをドイツの青少年に広めるためのもう1つの方法として用いられました。 おもちゃはまた、子供を軍国主義に洗脳するためのプロパガンダの手段として利用されました。

青年組織

ヒトラー青年団とドイツ女子同盟は、ドイツ人の若者の信念、考え、そして行動の形成にナチスが利用した主な手段でした。 青少年指導者たちは、厳しく管理されたグループ活動を利用して、儀式や見世物にあふれた大規模集会などのプロパガンダイベントを開催して、1933年以前のドイツの特徴であった階級や宗教の違いを越えた1つの国民的な共同体といった錯覚を生み出しました。

1926年に設立されたヒトラー青年団の当初の目的は、ナチ党の準軍事組織であったSA(突撃隊)に入隊する少年を訓練することでした。 しかし、1933年以降、青少年指導者たちは少年たちをナチス国家共同体に統合し、国防軍の兵士として、またその後は親衛隊の隊員として従軍するために準備させました。

1936年には、10歳から17歳までのすべての少年少女にナチスの青少年団体への加入が義務付けられました。 ヒトラー青年団やドイツ女子同盟が主催した放課後の会合や週末のキャンプ旅行では、ナチ党に忠誠を誓い、国家社会主義国の将来の指導者となるための子供たちの訓練が行われました。 1939年9月までに、76万5,000人を上回る若者がナチス青年組織の指導的役割を果たし、軍隊やドイツ占領政府の官僚機構の中で指導者的な役割を果たす準備を整えていました。

ヒトラー青年団はスポーツや屋外活動を思想と組み合わせて利用しました。 また同様にドイツ女子同盟でも、ドイツの医療当局が女性の身体にとってそれほど激しい運動ではなく、母親となる準備が一層強化されるとした新体操などの団体競技を強調しました。 これらの価値観を一般に公開することで、若い男女に個性を放棄し、アーリア系民族の目標を支持することが奨励されました。

兵役

18歳に達すると、ヒトラー青年団での活動で準備が整っている男子は即時、国防軍か国家労働奉仕団に入隊が義務付けられました。 ドイツ軍の立て続く敗北に苦しみながらも、プロパガンダによりナチス思想に対するより狂信的な献身が要求されました。

1944年秋、連合国軍が国境を越えてドイツに進攻すると、ナチス政権は第三帝国の防衛のため、「国民突撃隊」と呼ばれる部隊に、60歳を超える高齢者と共に16歳未満の子供を徴兵しました。

1945年5月のドイツによる無条件降伏後、一部のドイツ人少年たちは「狼男」として知られるゲリラグループで戦い続けました。 その翌年、連合国占領軍はドイツ人の若者に、12年間に及ぶナチスのプロパガンダの影響を払拭するために「非ナチス化」プロセスと民主主義教育を義務付けました。